スズキが二輪の新型車、『ハヤブサ』の可能性も 2月5日発表

スズキの二輪の新型車のティザーイメージ
  • スズキの二輪の新型車のティザーイメージ
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型
  • スズキ・ハヤブサ(隼)現行型

スズキ(Suzuki)の英国部門は2月2日、新型車のデジタルワールドプレミアを2月5日に行うと発表した。

この新型車は、スズキにとって2021年の最初のニューモデルになる。これ以外の情報は発表されておらず、ティザーイメージが1点公開されているだけだ。

なお、このニューモデルは、『ハヤブサ(隼)』の新型の可能性がある。ハヤブサは「究極のスポーツバイク」を構想に開発された高い空力特性を持つ独特のデザインと、優れた走行性能が特長の大型ロードスポーツバイクだ。1999年から欧州や北米などで販売を開始し、日本市場にも現行モデルが2014年2月に導入された。

日本仕様は国内の認証基準に適合しながら、欧州仕様と同じ排気量1339ccの水冷4サイクル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載している。スペックも欧州仕様と共通で、最大出力197ps、最大トルク15.8kgmを発生する。

スズキは、フラッグシップメガスポーツ新型『Hayabusa(ハヤブサ)』を4月7日より全国の「ハヤブサ取扱店」で発売すると発表した。国内で……

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース