メルセデス Vクラス、ポップアップルーフ装備の「マルコポーロ ホライゾン」に対話型インフォテインメントを追加

メルセデス・ベンツ日本は、『Vクラス』のキャンピング仕様「V220dマルコポーロ・ホライゾン」を一部改良、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備し、1月13日より予約注文の受付を開始した。

V220dマルコポーロ・ホライゾンは、Vクラスにポップアップルーフやフルフラット機能付ベンチシート、回転式シート(前席)などを標準装備したプレミアムアウトドアミニバン。ルーフ上にポップアップルーフを専用装備することで、車内とは別にフルフラットな就寝スペースを確保。2名まで使用可能なベッド、リーディングライトなどを備える。

今回の一部改良では、ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンと、自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載した。ボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」をキーワードとして起動。音声認識機能は目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げに加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明などにも対応する。

価格は従来から19万円アップの957万円。納車は1月末頃の予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース