ポルシェ世界販売、日本は11年連続で増加して過去最高に 2020年

ポルシェ(Porsche)は1月12日、2020年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は27万2162台。前年比は3%減と、10年ぶりに前年実績を下回った。

単一国の最量販市場は、引き続き米国を上回った中国だ。中国では2020年、前年比3%増の8万8968台とプラスを維持した。中国を含めたアジア太平洋、アフリカ、中東は、合計で4%増の12万1641台を売り上げる。

また、欧州は前年比9%減の8万0892台と、2年ぶりに前年実績を割り込んだ。このうち、地元ドイツは2万6152台で、前年比は17%減と2年ぶりに前年実績を下回った。米国は、7%減の5万7294台と、マイナスに転じている。

日本は2020年、過去最高の7284台を販売した。前年比は1.3%増と、11年連続で増加した。日本国内において、11年連続で新規登録台数が増加したブランドは、ポルシェが唯一という。2019年7月にフルモデルチェンジした『911』を中心に、2ドアスポーツカーが好調。2019年4月から、クーペバージョンの予約受注を開始したSUVの『カイエン』も貢献した。

2020年の世界販売の車種別実績では、カイエンが前年比1%増の9万2860台とプラスを維持した。『718』シリーズも、6%増の2万1784台と好調。911シリーズは、3万4328台を売り上げた。EVスポーツカーの『タイカン』は、2万0015台を販売している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース