アウディ A5シリーズ 改良新型発売、内外装を大幅アップデート 価格は616万円より

アウディジャパンは、ミッドサイズ4ドアクーペの『A5スポーツバック』、『S5スポーツバック』および2ドアクーペの『A5クーペ』、『S5クーペ』を大幅に刷新して、1月13日(TDIモデルは2月以降予定)より販売を開始する。

今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅にアップデート。全グレードでハニカムメッシュグリルや往年の『スポーツクワトロ』を彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートを装備し、よりスポーティに仕立てている。

グレード構成は「アドバンス」と「Sライン」の2種類に変更。アドバンスは従来のSラインよりもさらにスポーティな位置づけとなり、大型のフロントブレードレートやマトリクスLEDヘッドライトを標準装。新しいSラインには力強い『RS 5』のデザイン要素を盛り込んでいる。またA5/S5全グレードを対象に、アウディとしてはこのクラス初(RS 5は標準装備)となるレーザーライトパッケージをオプション設定した。

インテリアには、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を初採用。10.1インチにサイズアップしたセンタースクリーンはタッチパネル式となり、操作性の向上を図るとともによりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現している。Sライン/S5には、新装備のブラックグラスルックコンソールパネルとアーティフィシャルレザー(センターコンソール/ドアアームレスト)を採用し、質感を向上。また歩行者検知機能付アウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールを標準装備するなど、先進のアシスタンスシステムを充実させた。

パワートレインも刷新。45 TFSIクワトロは2リットル直列4気筒直噴ターボエンジンに、12Vマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載。より効率を高めたAWDクラッチ付クワトロ四輪駆動システムを採用し、トランスミッションは7速Sトロニックを組み合わせる。これにより、エネルギー回生効率を高め、コースティング(惰力走行)時にエンジンを完全停止するなど、燃料消費量を抑制しながら快適なドライビングを実現する。

またA5シリーズ初となるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを設定した。スポーツバックには、2リットル直列4気筒直噴ターボディーゼルエンジン(最高出力163ps/最大トルク380Nm)と12V MHEVを組み合わせて搭載した前輪駆動モデル「A5スポーツバック 35 TDI」を用意。さらに、最高出力190ps/最大トルク400Nm)へ高出力化した2リットル直列4気筒直噴ターボディーゼルエンジンにクワトロ四輪駆動システムを搭載した「40 TDIクワトロ」をA5スポーツバックとA5クーペに設定した。

A5シリーズの高性能バージョンであるS5スポーツバックとS5クーペのパワートレインは、最高出力354ps/最大トルク500Nmを発揮する3リットルV6ターボエンジンと8速ティプトロニックの組み合わせ。クワトロ四輪駆動システムにより、そのパフォーマンスを余すところなく発揮。ダンピングコントロールSスポーツサスペンションにより、俊敏なハンドリング性能を実現する。またSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルや前後バンパー、エアインレット、新デザインの19インチアルミホイールを採用。インテリアでは、アルカンターラ/レザー(ダイヤモンドステッチ)のSスポーツシート(マッサージ機能付)を標準装備する。

ボディカラーは、ディストリクトグリーンメタリック、S5およびSライン専用のクワンタムグレーおよびターボブルーを新たに設定した。

価格はA5スポーツバックが616万円から710万円、S5スポーツバックが926万円。A5クーペが643万円から710万円、S5クーペが926万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース