令和版トヨタ『2000GT』はこうなる!? デザイナーが大胆予想

トヨタの名車『2000GT』を21世紀のスポーツクーペとして再定義する予想CGを入手した。

画像を提供してくれたのは、デザイナーのNirmit Soni氏だ。ご存知2000GTは、ヤマハ発動機と共同開発され1967年に発売された。そのスペックは、最高出力150psを発揮する「MF10型」2リットル直列6気筒エンジンを搭載、「007」のボンドカーに抜擢されたことも後押しして無敵のスポーツカーと言われた。

また当時の発売価格238万円は、大卒者の平均初任給2万6000円の約100倍で、現在に換算すると約2000万円以上とも伝えられている。

届いたCGのエクステリアは、傾斜したルーフライン、キックアップするショルダーラインなどスープラのスタディモデル、「FT-1コンセプト」といくつかの類似点を見ることができるとともに、アグレッシブなフロントマスクに仕上げられている。

またデジタルミラー、ポップアップドアハンドル、カーボンファイバーホイール、アクティブリアスポイラーなど最新のテクノロジーも採用しており、非常に完成度の高い予想CGとなっている。

制作したNirmit Soni氏によると、「軽さ、テクノロジー、そして現代性の本質を捉えるために、そのデザインを現代的に再解釈。オリジナルに敬意を表した」と語っている。

2020年7月には、GRレーシングが「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、2000GTの補給部品を復刻し、世界で販売することを発表している。そのお陰で、顧客は今後も安心してドライブすることが約束されているが、その後継モデルの姿も是非みたいものだ。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース