日野自動車「お客様テクニカルセンター」累計来場者が10万人 ICT活用プログラム導入を検討

日野自動車は11月17日、ユーザー向け講習・試乗施設「お客様テクニカルセンター」(東京都羽村市)の累計来場者数が10万人を達成したと発表した。

省燃費運転や安全運転などを受講できる「お客様テクニカルセンター」は、2005年6月に日本初めて自動車メーカーが直接運営する常設の顧客向け講習施設として開設。2013年にはグローバルな研修拠点として海外からの受講者の受け入れも開始した。

2020年からは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大を受けて、一部プログラムにオンライン講習をスタートした。今後、燃費に関する運行データなどのICTを活用したプログラムの導入を検討しており、顧客ニーズに対応した取り組みを拡充するとしている。

同センターで省燃費運転講習を受講したユーザーに、その後の実燃費調査を行ったところ、5~10%の燃費向上が確認されているなど、講習が燃料費削減に貢献している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日野自動車、国内販売が11年ぶりのマイナス 2020年度上半期 画像 日野自動車、国内販売が11年ぶりのマイナス 2020年度上半期
  • 日野自動車 下社長「15万台レベルでも安定的に収益を確保できるようにする」 画像 日野自動車 下社長「15万台レベルでも安定的に収益を確保できるようにする」
  • 燃費公表要領を改正、EVとPHVを対象に追加 画像 燃費公表要領を改正、EVとPHVを対象に追加
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース