『CLC』が4ドアクーペで復活? ニュルに現れた謎のプロトタイプの正体は

1台のメルセデスベンツ開発車両がニュルブルクリンクに出現した。一見4ドアクーペの『CLS』ではあるが、謎の部分も多く、その正体は不明だ。

CLSは、『Eクラス』をベースとして開発された欧州Eセグメントに属する4ドアクーペだ。初代は2005年に登場しており、現在人気の4ドアクーペというセグメントの火付け役ともいえる存在である。

マイナーチェンジの初期プロトタイプであれば通常は、バンパーやヘッドライト周りに厳重なカモフラージュが施されているが、今回ニュルで捉えたプロトタイプは、フロントバンパーのみ偽装されている状態で、現行型のボディパネル、コンポーネントをすべて備えている。内部は撮影できていないが、Aピラーの基部に緑のワイヤーを装備、何らかのデバイスを固定するためのものにも見える。

さらに、助手席側フロントウインドウには吸盤で取り付けられた機器も確認できる。改良モデルというより、新型車のテストミュールの可能性もありそうだ。

そこで、注目したいのは、かつてメルセデスベンツが販売していたコンパクト2ドアクーペ、「CLC」の復活だ。CLCは2008年に『Cクラス』のプラットフォームを採用しつつフロントマスクなど1100箇所の変更を施して発売されたスポーツモデルだが、2011年に「Cクラスクーペ」が登場したことにより、わずか3年という短命に終わっている。

CLCが復活するという噂は数年前からあったが、それらしきプロトタイプが目撃されるのは初めて。市販化が実現した際には新たな車名が与えられる可能性が高く、「CLA」と「CLS」の間を埋めるモデルとなる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ電動SUV「Q4 e-tron」&クーペ版「スポーツバック」、市販型コックピットを激写! 画像 アウディ電動SUV「Q4 e-tron」&クーペ版「スポーツバック」、市販型コックピットを激写!
  • これぞメルセデス最上級セダン!『マイバッハ Sクラス』新型、最終デザインが見えた 画像 これぞメルセデス最上級セダン!『マイバッハ Sクラス』新型、最終デザインが見えた
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペにPHEV「73e」追加の可能性…改良プロトを激写 画像 メルセデスAMG GT 4ドアクーペにPHEV「73e」追加の可能性…改良プロトを激写
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース