日本ユニシス、通信ドラレコに常時録画アップロード機能を追加…危険運転を可視化

日本ユニシスは、法人向けに提供している通信型ドライブレコーダー「無事故プログラムDR」に、SDカードを抜かずに常時録画映像を確認できる新機能を追加し、10月22日から提供を開始した。

新機能は、事故発生時は状況を早めに把握し、事故や危険運転時だけでなくその前後の映像も併せて確認したいという社用車管理者の声を反映したものだ。

GPSによる1分間毎の位置情報の送信を基にドライブレコーダーのSDカードに記録された常時録画映像をLTE回線経由でアップロード。管理サイトの「運行経路」上に反映されるため、地図上の走行ルートから地点・時間を選択するだけで、SDカードを抜かずに最大4分間の映像を取得できる。また「危険通報」画面よりプルダウンで「常時録画」を選択し、アップロードされた常時録画映像の確認も可能。万が一の事故発生時の早期対応およびドライバーの安全教育に役立てることができる。

また、開始日時と終了日時を直接入力するだけで、ドライバーの日常運転録画をした映像(最大4分間)がアップロードされ、確認できる。日常運転録画の確認により、あおり運転など危険運転防止の効果が期待できる。さらに、車内カメラを併用することにより通常運転時の脇見運転、ながら運転の把握にも活用でき、ドライバーの安全運転管理ができる。

なお新機能は、無事故プログラムDRの基本サービスとして、すべてのユーザーが利用できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 神戸市とドコモ、市バスの運行モニタリング実証実験を開始 AI搭載通信型ドラレコを活用 画像 神戸市とドコモ、市バスの運行モニタリング実証実験を開始 AI搭載通信型ドラレコを活用
  • パイオニアの緊急通報機能付通信ドラレコ、クラウドファンディング開始10時間で目標金額達成 画像 パイオニアの緊急通報機能付通信ドラレコ、クラウドファンディング開始10時間で目標金額達成
  • ケンウッド、テレマティクスサービス向け通信型ドライブレコーダーを開発 画像 ケンウッド、テレマティクスサービス向け通信型ドライブレコーダーを開発
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース