【MINI クーパー】オシャレ度はホイールでぐっと変わる! おすすめアルミホイール4選

【MINI クーパー】オシャレ度はホイールでぐっと変わる!おすすめアルミホイール4選
  • 【MINI クーパー】オシャレ度はホイールでぐっと変わる!おすすめアルミホイール4選
  • 推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19
  • レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19
  • レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19
  • レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19
  • レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19
  • 推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19
  • レイズ【グラムライツ 57FXZ】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19

輸入車をライトにオシャレに乗りこなせる車種として幅広いユーザー層に人気のMINI。今回ベース車として取り上げたのは特に人気の高い、5ドアのディーゼルモデル『クーパーSD』。

2001年からはBMWが開発を手がけているのはご存じの通り、丸型のヘッドライトや曲線基調のボディフォルムなどは旧Miniを踏襲しているが、ボディの大型化や高機能化など現代流のアレンジが加えられより使いやすく乗りやすいクルマへと進化してきた。コンパクトでカワイイ印象のあるMINIだが、モータースポーツへの参戦も積極的で、ジョンクーパーワークスによるWRCの参戦やラリーレイドなどへの参加も数多く、旧Mini時代から踏襲されるスポーツするクルマというイメージは今も根強い。エンジンにはガソリン/ディーゼルが用意されニーズに合わせてセレクト可能な設定。ホイールデザインで大きくイメージを変えることができるモデルなので、自分流の足もとアレンジで個性的なMINIを作るのがおすすめだ。

レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】

推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19

レイズが今シーズンの差し色として新たに採用したイエローをスポークサイド&リムフランジに大胆に盛り込んだグラムライツの「57Transcend UNLIMIT EDITION」。ジョンクーパーワークスなど、走りをイメージさせるグレードをラインアップするMINIの足もとをスポーティに彩るには絶好のモデル。欧州車などのカラーリングで盛んに用いられるイエローをいち早く取り入れた新カラーリングで映える足もとを作るのに魅力満載のモデルだ。スポーティさを強調するフォルムは軽快でシャープ。細身の10本スポークは三角断面を持つ独特なフォルム。大きく落ち込むセンターパートからリムフランジに向かって大きく弧を描くスポークで大径感を強調するのもこのモデルの特徴。さらに最大のアイキャッチとなっているのがスポークサイドに施したイエローのカラーリング。部分的な電着塗装を施す特許技術であるE-pro Coatを採用してロゴとストロボラインを施した。ベースカラーとなっているガンメタも同社では定番となっている人気のカラーリング、イエローとの相性も良く深みのある表情を生み出している。もちろんRCF鋳造の採用などもあり、軽量モデルに仕上げているのもスポーツ志向の同モデルならでは。
レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19レイズ【グラムライツ 57Transcend UNLIMIT EDITION】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:ブラック&マシニング/E-pro Coat (BLJ)/タイヤサイズ:225/35R19

ブランドヒストリー

レイズを代表する鋳造製法によるスポーツブランドがグラムライツだ。手軽に本格スポーツホイールを手に入れるには絶好ブランドで、多くのスポーツシーンで活躍する。また、いち早くスポーツシーンのトレンドを取り入れたデザインを投入することでも注目のブランド。今回は欧州スポーツなどで差し色に使われることが多い。イエローを使ったモデルを早くも投入したこともトピックとなった。走りを意識した機能美と最新デザインを手にできる魅力のブランドだ。

レイズ【グラムライツ 57FXZ】

推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19

グラムライツブランドの各モデルが持つスポーツホイールが生み出す機能美に加えて、表面加工やフォルムによるデザイン性を高めて登場した新世代のグラムライツを代表するモデルが「57FXZ(エフエックスズィー)」だ。個性的なY字型スポークや切削処理などを加えた表面で、存在感あるMINIのボディデザインに負けない足もとのインパクトを与えることができるホイールだ。スポーティさを感じさせるクーパーSDのテイストにもピタリフィットするフォルムで、足もとを存在感満点に演出してくれる。いくつものデザイン処理が施される同モデルだが、印象的なのは5対のY字スポークと、その交点部分に穿ったホール形状だろう。しかもホールの周囲はマシニング処理が施されアウトラインを一層強調している。Y字形状のスポークは限りなく細身のデザインなのもスポーティを信条とする同シリーズならでは。装着するだけで足もとを軽快に見せることができるのもこのフォルムのおかげだろう。またリムフランジ部分には特許技術であるA.M.T.によるマシニング加工でgram LIGHTSロゴが刻み込まれているのもアクセント。足もとに躍動感満点のスタイリングを取り入れるには絶好のモデルとなった。
レイズ【グラムライツ 57FXZ】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19レイズ【グラムライツ 57FXZ】推奨サイズ:19×8.5JInset45 5H-112/カラー:スーパーダークガンメタ/マシニング/リムエッジDC(AAC)/タイヤサイズ:225/35R19

ブランドヒストリー

数多くの特許技術を使用して表面加工に個性を発揮するレイズのホイール群。中でも近年多くのモデルに採用されるのが切削による彫刻加工を行うA.M.T.と呼ばれる特許技術だ。グラムライツブランドでも同技術を取り入れたデザインを導入。スポーティモデルによる機能美に加えて、デザイン性豊かなモデルを次々に投入している。高いパフォーマンスとデザイン性能両立を狙う同ブランドは、走り意識の足もとドレスアップには絶好のチョイスとなる。

MID【RMP R25】

MID【RMP R25】推奨サイズ:18×7.5JInset50 5H-112/カラー:ブラック/リムレッドライン/タイヤサイズ:215/40R18推奨サイズ:18×7.5JInset50 5H-112/カラー:ブラック/リムレッドライン/タイヤサイズ:215/40R18

直線的なスポークを持ったシンプル&スタイリッシュなホイールはミニの曲線を生かしたフォルムとのマッチングが良いことを実際に装着してみるとよくわかる。そんな象徴的なモデルなのが今回マッチングしたMIDの「RMP R25」だ。10本スポークにも5対のツインスポークにも見えるデザインは虚飾を排したシャープなフォルムが特徴。ナットホールを2本のスポークが包み込むように覆うデザインも5穴モデルに最適化したこのモデルの見どころだろう。デザイン面のバランスの良さはもちろんだが、応力分散的にも優れた特性を引き出しているのはスポーツモデルならではだ。ツインスポーク形状のフォルムを見るとちょうどH型形状とし、個性的なセンターパートを形成しているのももうひとつの見どころとなっている。スポークの一部とリムにはレッドラインを加えてスポーツイメージをさらに盛り上げているのもデザイン上のアクセント。停車中でもMINIのサイドビューに差し色を加えて引き締めるのもこのホイールならではの魅力と言える。リアルレーシングのイメージをそのままミニの足もとに取り入れるには絶好の同モデル。軽快でスポーティな足もとコーディネイトには欠かせないモデルとなった。MID【RMP R25】推奨サイズ:18×7.5JInset50 5H-112/カラー:ブラック/リムレッドライン/タイヤサイズ:215/40R18MID【RMP R25】推奨サイズ:18×7.5JInset50 5H-112/カラー:ブラック/リムレッドライン/タイヤサイズ:215/40R18

ブランドヒストリー

マルカ・インテリジェント・デザインのハイエンドブランドとして君臨するRMPレーシング。その名の通りレーシングテイストを前面に押し出したフォルム、細部デザインが特徴のブランドだ。リアルスポーツでは定番のカラーリングになっているブラック×レッドのカラーを取り入れた印象的なデザインが同ブランドの特徴のひとつ。またギリギリまでスリム化したスポークデザインもリアルレーシングの足もとを思わせる。ミニのスポーツテイストを引き出す注目のブランドだ。

ケレナーズスポーツ【M7】

ケレナーズスポーツ【M7】推奨サイズ:18×7.0JInset54 5H-112/カラー:マットブラック・リムレッドライン/タイヤサイズ:205/40R18推奨サイズ:18×7.0JInset54 5H-112/カラー:マットブラック・リムレッドライン/タイヤサイズ:205/40R18

ディスク面の広い幅広スポーク形状をもつモデルがケレナーズスポーツの「M7」だ。ホイールの存在感をディスク面積の広さでアピールすることができるため、MINIに装着した場合に足もとを重厚感や存在感をアピールできるのがこのモデルの魅力。クルマ全体の塊感を出すにも有効の手法となる。このモデルの特徴はなんと言ってもワイドデザインの7本スポークだろう。センターパートで広く、リム側に行くほどに細くなるテーパー形状を採用。スポークの両サイドを立ち上げた独特の凹型フォルムも立体感満点。またスポークは滑らかにラウンドしているため奥行き感を感じさせるのも見どころ。スポークの中央部は大きくラウンドしてナットホール側に落ち込むデザインなのも独特。対してセンターパートはフラットに近いデザインでナットホールを深く穿つデザイン。ここでも面を有効に使ったデザインが施されているのがわかる。今回チョイスしたカラーリングはマットブラック/リムレッドラインだ。艶を抑えたマットブラックは落ち着いた足もとを演出することができる。同時にリムに施したレッドラインでホイールのアウトラインを華やかに彩っているのも独特。ミニの足もとを個性的に彩るにはぴったりの1本だ。ケレナーズスポーツ【M7】推奨サイズ:18×7.0JInset54 5H-112/カラー:マットブラック・リムレッドライン/タイヤサイズ:205/40R18ケレナーズスポーツ【M7】推奨サイズ:18×7.0JInset54 5H-112/カラー:マットブラック・リムレッドライン/タイヤサイズ:205/40R18

ブランドヒストリー

ケレナーズスポーツは欧州車、特にBMWをターゲットにたホイール&ボディパーツをラインアップするブランドだ。ターゲット車種ごとに多彩なホイールラインアップを持つ同ブランド、装着車種を絞り込んだ製品開発でターゲット車種にぴったりフィットするデザインを作り込んでいるのが大きな特徴でもある。M7はMINIをターゲットにしたモデル。MINIの外装にも沈み込んでしまうことのないデザインやマットブラックの質感などを取り入れた設計が見どころ。

《取材協力》タイヤ&ホイール館 フジ スペシャルブランド 練馬店
《土田康弘》

編集部おすすめのニュース

  • 「RAYS WORLD TOUR IN JAPAN」装着ホイールコレクション 画像 「RAYS WORLD TOUR IN JAPAN」装着ホイールコレクション
  • 「SUVをもっとワイルドに」4×4エンジニア、ディープコンケイブホイール第2弾を発売 画像 「SUVをもっとワイルドに」4×4エンジニア、ディープコンケイブホイール第2弾を発売
  • 【スバル レヴォーグ 新型】大型ディスプレイは搭載予定ではなかったが…インテリアデザイン 画像 【スバル レヴォーグ 新型】大型ディスプレイは搭載予定ではなかったが…インテリアデザイン
  • アルファロメオ・スプリント、70年の歴史…2ドアクーペ[フォトヒストリー] 画像 アルファロメオ・スプリント、70年の歴史…2ドアクーペ[フォトヒストリー]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース