自動販売機能付きバス停が登場---時刻を知るだけじゃない

シャープマーケティングジャパンは、自動販売機能および32V型液晶タッチディスプレイを搭載した「スマートバス停」の実証実験を、北九州市において6月26日より開始した。実験には西鉄バス北九州、西鉄エム・テック、スピナ、YE DIGITALが協力する。

実験では、シャープの飲食店向けセルフ注文機をベースに開発した「スマートバス停」の試作機を、北九州市内の砂津バスセンターに設置する。

スマートバス停は自動販売機の機能を搭載しており、地元銘菓スピナ『くろがね堅パン』を販売する。セルフ注文機の呼び出しブザー(端末)を排出する機構を、自動販売機能に応用した。商品はタッチパネルによる操作で購入でき、交通系ICカードでの支払いに対応する。現金による支払いはできない。販売されるくろがね堅パンは、大正時代に当時の官営八幡製鐵所で生まれた菓子だ。保存性を高めるため水分を抑えたことで、「くろがね」(=鉄)のように堅いパンとなった。

パン購入者は本機に搭載のカメラで、小倉城や西鉄バスなどのオリジナルフレーム付き記念写真の撮影ができる。撮影後、画面に表示されるQRコードを自身のスマートフォンで読み込むことでダウンロードできる。また、32V型液晶タッチディスプレイには、時刻表や路線図のほか、地元のおすすめスポットやグルメ情報なども表示する。

実証実験を通じ、バス停における物販や大型ディスプレイを活用した情報発信の訴求効果などを検証する。設置期間は1年間を予定。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 停車位置の誤差3ミリ以内、自動運転AIバスが実験---埼玉工業大学、GPSのみでも実証 画像 停車位置の誤差3ミリ以内、自動運転AIバスが実験---埼玉工業大学、GPSのみでも実証
  • 牟岐線牟岐-海部間がバス代行に…阿佐海岸鉄道のDMV導入に伴なう措置 7月18日から約半年間 画像 牟岐線牟岐-海部間がバス代行に…阿佐海岸鉄道のDMV導入に伴なう措置 7月18日から約半年間
  • ヤマト運輸とやさいバスが連携…農産品流通サービスを提供、地域経済の活性化 画像 ヤマト運輸とやさいバスが連携…農産品流通サービスを提供、地域経済の活性化
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース