ZMP、ロボット・自動運転シミュレーター『RoboSim』を公開[動画]

帰宅時に一定距離で付き添う警備ロボ
  • 帰宅時に一定距離で付き添う警備ロボ
  • 信号を検出し横断歩道前で停止する一人乗りロボ
  • 自動運転コンピューターIZAC上のアルゴリズムを実機の代わりにRoboSimでシミュレーション

ZMPは6月19日、ロボット・自動運転シミュレーター「RoboSim(ロボシム)」を動画にて公開した。

高齢化社会における人手不足の課題、そして、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大に伴う非接触のサービスへのニーズから、ロボット・自動運転の早期社会実装が求められている。

RoboSimは、ロボット・自動運転車両の走行や挙動を仮想空間上で実現できるシミュレーター。歩道を走行する一人乗りロボ「RakuRo(ラクロ)」、宅配ロボ「DeliRo(デリロ)」、警備・消毒ロボ「PATORO(パトロ)」、車道を走行する小型EVバス「RoboCar Mini EV Bus」、ミニバンタイプ「RoboCar MiniVan」、SUVタイプ「RoboCar SUV」など、ZMPが手掛けるロボット・自動運転車両は、市街地を再現したRoboSim上の街を、自動運転コンピューターIZACに実装されたアルゴリズムにより交通ルールに従って走行する。

現在公道走行が許可されていない無人で走行する宅配ロボ「デリロ」や警備・消毒ロボ「パトロ」も、シミュレーター上であれば公道(歩道)を走行させることができ、自動運転アルゴリズムの検証が可能となる。また、実環境を模した環境での運用により、利用者のニーズに合わせたサービスの検討やオペレーションの検討も可能となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • コロナショックで変わる日本の物流ロボット活用…ZMP キャリロ事業部長 笠置泰孝氏[インタビュー] 画像 コロナショックで変わる日本の物流ロボット活用…ZMP キャリロ事業部長 笠置泰孝氏[インタビュー]
  • 米トヨタ、自動運転の研究を加速するデータセットを無償公開…マサチューセッツ工科大学と共同開発 画像 米トヨタ、自動運転の研究を加速するデータセットを無償公開…マサチューセッツ工科大学と共同開発
  • 自動運転車が防止できる事故は3分の1 米IIHSが調査[訂正] 画像 自動運転車が防止できる事故は3分の1 米IIHSが調査[訂正]
  • 1人乗り自動運転ロボット『ラクロ』、量産タイプを7月より発売 画像 1人乗り自動運転ロボット『ラクロ』、量産タイプを7月より発売

特集

おすすめのニュース