【DS 7クロスバック まとめ】パリ発ラグジュアリーSUV、デザインとテクノロジーが光る…価格と試乗記、PHVも

DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS アクティブLEDビジョン
  • DS7クロスバック
  • B.R.M アナログクロック
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4

2018年にブランド初のSUVとしてデビューしたDSオートモビルの『DS 7クロスバック』。ラグジュアリーブランドのフラッグシップモデルとして、洗練されたデザインのみならず先進テクノロジーの導入にも力を入れた1台。ガソリン、ディーゼルに加え欧州ではPHVモデルも新たにラインナップされた。

目次

  1. 発売、独創的な内外装と先進テクノロジー 469万-562万円
  2. CセグメントSUVで世界初の4システムを採用
  3. 【3500km試乗】ガソリン&ディーゼル比較、オススメの組み合わせは?
  4. 【試乗】542万円の価格も、パリのエスプリと思えば致し方なし…中村孝仁
  5. 【試乗】一途にモード系、走りにはソツなし…島崎七生人
  6. 432通りから選べるBTOサービス「オートクチュール」導入
  7. 7クロスバック にPHV、燃費76.9km/リットル…欧州発売

発売、独創的な内外装と先進テクノロジー 469万-562万円

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売した。

エクステリアでは、より立体的にデザインされたDSウィンググリル、そこから左右に伸びるLEDヘッドライトユニットが大胆かつ繊細な表情を形作っている。フロントフェンダーは大径20インチホイールを包む力強い面を構成し、その盛り上がりはボディサイドに彫刻的な陰影をつけつつウェストラインに。リアランプは斜め格子模様をモチーフに3Dエフェクトを与える独創的デザインとなっている。

[続きを読む]

発売、独創的な内外装と先進テクノロジー 469万-562万円 画像

  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS7クロスバック
  • DS アクティブLEDビジョン
  • DS7クロスバック

CセグメントSUVで世界初の4システムを採用

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月17日、DSブランド初となるSUVモデル『D7クロスバック』(DS 7 Crossback)を発売した。価格は469万~562万円となっている。

プジョー・シトロエン・ジャポンでDSプロダクトマネジャーを務める水谷昌弘氏は同日都内で開いた発表会で、「ブランドのフラッグシップとして先進テクノロジーをふんだんに取り入れている」と紹介。

[続きを読む]

CセグメントSUVで世界初の4システムを採用 画像

  • DS7クロスバック 発売会
  • DS7クロスバック 発売会
  • DS7クロスバック 発売会
  • DS7クロスバック 発売会
  • DS7クロスバック 発売会
  • DS7クロスバック 発売会

【3500km試乗】ガソリン&ディーゼル比較、オススメの組み合わせは?

昨年の東京モーターショー2017でジャパンプレミアを果たした『DS 7 クロスバック』が、ようやく発売にこぎつけた。そこで、ガソリンを2000km、ディーゼルを1500kmほど走らせてみたので、その印象とどちらがおススメかをレポートする。

DS初の専用モデル「DS 7」

[続きを読む]

【3500km試乗】ガソリン&ディーゼル比較、オススメの組み合わせは? 画像

DS7クロスバック グランシック(ガソリン)DS7クロスバック グランシック(ガソリン)

【試乗】542万円の価格も、パリのエスプリと思えば致し方なし…中村孝仁

ホントすみません。少々舐めてました。

DSブランドのフラッグシップモデル、『DS 7 クロスバック』がデビューした。EMP2と呼ばれるプラットフォームを用いた5人乗りSUVである。

そして搭載されるエンジンは、1.6リットルピュアテックガソリンターボと、2リットルブルーHDiのターボディーゼル。事前知識としてここまで聞いた時に、あっプジョー『3008』のDS版ね…という短絡的な思考が働いて、そういうクルマという予備知識を持ってプレゼンテーションを聞いてしまった。

[続きを読む]

【試乗】542万円の価格も、パリのエスプリと思えば致し方なし…中村孝仁 画像

DS 7 クロスバック(グランシック・リボリ)DS 7 クロスバック(グランシック・リボリ)

【試乗】一途にモード系、走りにはソツなし…島崎七生人

コダワリを持つユーザーの琴線に触れる

始動ボタンの押下で、B.R.Mのアナログ時計がサンダーバードさらがらのギミックでシズシズと姿を現した。「いったい車両本体価格の何分の1か!?」と思ったりして。

過去にメルセデスのIWC、キャデラックのBVLGARIなど例があったが、時計にも一家言あるような、そういうコダワリをもつユーザーの琴線に触れるクルマ……という訳だ。

[続きを読む]

【試乗】一途にモード系、走りにはソツなし…島崎七生人 画像

  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi
  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi
  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi
  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi
  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi
  • DS 7 クロスバック グランシックBlueHDi

432通りから選べるBTOサービス「オートクチュール」導入

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月11日、DSオートモビルのフラッグシップSUV『DS 7クロスバック』を対象に、ボディカラー、インテリア、ホイール、オプションを自由にコーディネートできるBTOサービス「オートクチュール」を導入した。

オートクチュールは、DS 7クロスバック「グランシック」「グランシック ブルーHDi」をベースに、エクステリアカラー9色、インテリアインスピレーション4種、ホイール3種、DSナイトビジョン+パノラミックサンルーフの有無の全432通りの中から、ウェブで確認しながら自分だけの1台を創り出しことができるBTOサービスだ。

[続きを読む]

432通りから選べるBTOサービス「オートクチュール」導入 画像

DS 7クロスバックのBTOサービス「オートクチュールDS 7クロスバックのBTOサービス「オートクチュール

7クロスバック にPHV、燃費76.9km/リットル…欧州発売

PSAグループのDSは11月11~29日、フランスで開催中の「E-DS WEEK」に電動SUVの『DS 7クロスバックE-TENSE 4×4』(DS 7 Crossback E-Tense 4×4)を出展し、同車を欧州市場で発売した。

0~100km/h加速5.9秒

同車は、DSブランドの最上級クロスオーバー車、『DS 7クロスバック』のプラグインハイブリッド車(PHV)だ。新開発のPHVパワートレインのエンジンは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」で、最大出力200hp/5500rpmを発生する。モーターは、フロントが最大出力110hp、リアが最大出力112hpだ。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、300hpのパワーと53kgmのトルクを引き出し、4輪を駆動する。

[続きを読む]

7クロスバック にPHV、燃費76.9km/リットル…欧州発売 画像

  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • DSの大型サルーン『DS 9』にPHV、「E-TENSE」を欧州発表 画像 DSの大型サルーン『DS 9』にPHV、「E-TENSE」を欧州発表
  • DS 3クロスバック、匠の技が際立つ最上級インテリア「オペラインスピレーション」を導入 画像 DS 3クロスバック、匠の技が際立つ最上級インテリア「オペラインスピレーション」を導入
  • DSがオンライン販売に新サービス、新車を希望する場所に配達…人との接触を減らす 画像 DSがオンライン販売に新サービス、新車を希望する場所に配達…人との接触を減らす
  • 超高級SUV『レンジローバー』次期型、ディフェンダーとのツーショットを激写 画像 超高級SUV『レンジローバー』次期型、ディフェンダーとのツーショットを激写

特集

おすすめのニュース