アキュラ、TLX 新型を発表…3.0リットルV6ターボ搭載の「タイプS」は2021年春

アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS
  • アキュラTLXタイプS

北米のアキュラは29日、新型の『TLX』2021年型を発表した。ホンダが北米を中心に展開する高級車ブランド、アキュラはすでに35年の歴史を持つが、ブランド史上もっとも速く、もっともハンドリングに優れ、もっとも装備が充実している、と自負する。

新型TLXの筋肉質なデザインとプロポーション、低いルーフラインと延長されたホイールベースといった要素は「タイプS」コンセプトに基づく。「タイプS」はスタンダードタイプからやや遅れての登場だから、現時点では“プレビュー”となる。

進化したのはスタイルだけではない。2020年型TLXに搭載されるエンジンは2.0リットルターボ(272HP)。従来型2020年モデルのエントリーグレードに搭載される、2.4リットル直4からは66HPもプラス、上級グレードの3.5リットルV6と比べても18HPのマイナスにしかすぎない。

ディーラーの店頭に新型TLXが並ぶのは初秋の予定だ。メーカー希望小売価格はベース価格が3万ドル台中盤とアナウンスされた。

そして2021年春には、高性能仕様の「タイプS」が追加される。タイプSには新開発3.0リットルV6ターボエンジンが搭載されるが、出力は市場導入時に発表される見込み。タイプSには歴代タイプSで初めて、スーパーハンドリング・オールホイールドライブが設定される。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • アキュラの新型スポーツセダン、NSX と同様のサスペンション技術採用 5月28日発表 画像 アキュラの新型スポーツセダン、NSX と同様のサスペンション技術採用 5月28日発表
  • アキュラの新型スポーツセダン、「タイプS」が12年ぶりに復活へ 5月28日デジタル発表 画像 アキュラの新型スポーツセダン、「タイプS」が12年ぶりに復活へ 5月28日デジタル発表
  • ホンダの世界生産、5割減で9か月連続マイナスも中国では復調の兆し 2020年4月実績 画像 ホンダの世界生産、5割減で9か月連続マイナスも中国では復調の兆し 2020年4月実績
  • 日産 キックスe-POWER、6月発売へ…2023年度までに新型EV2車種とe-POWER4車種も 画像 日産 キックスe-POWER、6月発売へ…2023年度までに新型EV2車種とe-POWER4車種も

特集

おすすめのニュース