JNCAP予防安全性能評価、アルファードやセレナなど4車種が満点獲得

トヨタ・アルファードが予防安全性能評価で満点を獲得
  • トヨタ・アルファードが予防安全性能評価で満点を獲得
  • トヨタ・ヴェルファイアが予防安全性能評価で満点を獲得
  • 日産セレナが予防安全性能評価で満点を獲得
  • トヨタRAV4が衝突安全性能評価で最高得点

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は5月27日、令和元年度(2019年度)「自動車アセスメント(JNCAP)」の結果を公表。予防安全性能評価で16車種中13車種が最高評価である「ASV+++」を獲得した。

JNCAP自動車アセスメントは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の安全性能を評価し、結果を公表する制度。予防安全性能評価は、予防安全装置の性能を評価するもので、「衝突被害軽減制動制御装置」、「車線逸脱抑制」、「後方視界情報」「高機能前照灯」、「ペダル踏み間違い時加速抑制」の5項目での評価スコアを基に3段階の総合評価が行われている。

今回、乗用車(12車種)、軽自動車(4車種)の計16車種について評価を実施。その結果、トヨタ『アルファード/ヴェルファイア』、日産『セレナ』/スズキ『ランディ』、レクサス『NX』、『UX』が、今年度より条件を追加した「衝突被害軽減ブレーキ」の「対歩行者:夜間街灯なし」にも対応し、総合得点で満点を獲得。これまでの最高得点を超えたため、予防安全性能評価大賞を受賞した。

また、衝突安全性能評価では、12車種中8車種が最高評価である「ファイブスター賞」を獲得した。

衝突安全性能評価は、自動車の総合的な衝突安全性能を評価するもので、「乗員保護性能」、「歩行者保護性能」、「座席ベルトの非装着時警報」の3項目での評価スコアを基に5段階の総合評価が行われている。

今回、乗用車(9車種)、軽自動車(3車種)の計12車種について評価を実施。その結果、最高得点(88.9点/100点満点)を獲得したトヨタ『RAV4』をはじめ、ホンダ『N-WGN/N-WGNカスタム』『アコード』、『インサイト』、レクサス『UX』、『NX』、日産『デイズ/デイズ ハイウェイスター』/三菱『eKワゴン/eKクロス』、ダイハツ『ロッキー』/トヨタ『ライズ』の8車種が最高評価のファイブスターを獲得した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車アセスメント 予防安全性能評価で5車種のうち4車種が最高評価 画像 自動車アセスメント 予防安全性能評価で5車種のうち4車種が最高評価
  • レクサス UX/NX、2019年度前期JNCAP予防安全性能評価で満点獲得 東芝製画像認識プロセッサーを搭載 画像 レクサス UX/NX、2019年度前期JNCAP予防安全性能評価で満点獲得 東芝製画像認識プロセッサーを搭載
  • 日産 セレナ、2019年度JNCAP予防安全性能評価で満点獲得 画像 日産 セレナ、2019年度JNCAP予防安全性能評価で満点獲得
  • モデリスタ、アルファード/ヴェルファイア特別仕様車用カスタマイズアイテムを追加 画像 モデリスタ、アルファード/ヴェルファイア特別仕様車用カスタマイズアイテムを追加
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース