ケンウッド、2カメラドラレコの新型を発売へ…高性能とハイコストパフォーマンスを両立

ケンウッド DRV-MR450
  • ケンウッド DRV-MR450
  • ケンウッド DRV-MR450(フロント)
  • ケンウッド DRV-MR450(リア)
  • ケンウッド DRV-MR450(フロント)
  • ケンウッド DRV-MR450(フロント)
  • ケンウッド DRV-MR450(フロント)
  • ケンウッド DRV-MR450(リア)

ケンウッドは、高性能とハイコストパフォーマンスを両立したスタンドアローン型2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450」を6月下旬より発売する。

新製品はフロントカメラに水平122°/垂直63°/対角150°の広視野角レンズを採用し、より広い範囲の録画に対応する。またフロント/リアカメラにはF1.8の明るいレンズを搭載。夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強いだけでなく、総合的な画質向上に貢献する。また、リアカメラには「スモーク シースルー機能」を搭載し、スモークガラスにも対応。リアガラスに合わせて設定を3段階で調整でき、後方も明るく鮮明な映像で記録できる。

録画解像度は、フロント/リアカメラともフルハイビジョンに対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像を細部まで高精細に録画する。また、HDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載。逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時に起きやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、安定した録画を実現する。

録画モードは、エンジンON/OFFに連動する「常時録画」のほか、スイッチを押すと映像を記録する「手動録画」、突発的な衝撃や急激な速度変化で自動的に録画を開始する「イベント録画」を搭載。別売の車載電源ケーブルを使用することで、最長24時間の駐車監視録画にも対応する。

さらにSDカードの録画領域をあらかじめ確保して断片化を未然に防止し、SDカードのエラーを防ぐ同社独自の記録システムを新たに採用。ドライブレコーダーで録画する際に定期的に必要だったSDカードのフォーマット作業を不要とし、録画の信頼性を高める。

このほか、ドライブをサポートする運転支援機能や、運転の仕方を自動診断するエコドライブ表示機能などを搭載する。

価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • AI付ドラレコを使って高齢ドライバーの運転行動を分析 東京都がモニターを公募 画像 AI付ドラレコを使って高齢ドライバーの運転行動を分析 東京都がモニターを公募
  • ドライブレコーダー出荷実績…伸び率は低下、2019年度では3割増 2020年1-3月期 画像 ドライブレコーダー出荷実績…伸び率は低下、2019年度では3割増 2020年1-3月期
  • ドン・キホーテ、低価格360°ドラレコ発売へ…オービス位置データ&GPS搭載 画像 ドン・キホーテ、低価格360°ドラレコ発売へ…オービス位置データ&GPS搭載
  • 市販ドラレコ、水平・垂直画角に10%以上の誇大表示も…テスト結果を初公表 画像 市販ドラレコ、水平・垂直画角に10%以上の誇大表示も…テスト結果を初公表

特集

おすすめのニュース