デウォルト、10.8V電動工具3機種発売へ ツールボックスシステム対応ケース付き

10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・振動ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・振動ドリルドライバー
  • 10.8V XRブラシレス・振動ドリルドライバー

スタンレー ブラック・アンド・デッカーは、プロ用ツールブランド「DEWALT(デウォルト)」から、10.8V電動工具シリーズの最新モデル3機種を4月下旬より公式オンランショップにて発売する。

同シリーズ最新モデルは、ブラシレスモーターやデウォルト独自の耐衝撃テストなどによる高耐久設計に加え、付属するキットボックスが、自在にスタック・連結できるツールボックスシステム「TSTAK(ティースタック)」との組み合せが可能になった。

ブラック・アンド・デッカーでは、国内主力モデルである18Vクラスに加え、軽作業や取り回しにも優れた10.8V電動工具シリーズの発売により、内装業や電設関連、建設までより幅広いユーザーに対応していく。

インパクトドライバーは、全長129mm・約1kgの軽量コンパクト設計で、クラス最高水準の締付け力(163Nm)、作業内容にあわせて回転/打撃数を3モードに調整できる機能などを搭載する。ドリルドライバーは、全長128mm・約1.0kgの軽量のコンパクト設計で、クラス最高水準の締付け力(57.5N・m)を発揮。振動ドリルドライバーは、振動機能により直径10mmコンクリートまで高い穴あけ力を発揮する。それぞれ2.0Ah充電池2個、充電器、キットボックスが付属し、税別価格は2万1000円から2万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • バリアフリー整備ガイドラインの改訂を検討 ユニバーサルタクシーのスロープ耐荷重など 画像 バリアフリー整備ガイドラインの改訂を検討 ユニバーサルタクシーのスロープ耐荷重など
  • 【川崎大輔の流通大陸】アセアンからの外国人自動車整備エンジニア その8 画像 【川崎大輔の流通大陸】アセアンからの外国人自動車整備エンジニア その8
  • “地元から必要とされる”整備工場の姿…桜島の麓・鹿児島ワカマツ自動車 画像 “地元から必要とされる”整備工場の姿…桜島の麓・鹿児島ワカマツ自動車
  • [プロが答えるカーケア]鈑金修理の価格差って何が違うの?…回答 浦車体整備工場 画像 [プロが答えるカーケア]鈑金修理の価格差って何が違うの?…回答 浦車体整備工場

おすすめのニュース