ヤマト×佐川が共同配送、上高地で開始へ CO2排出量を3割削減

上高地
  • 上高地
  • 共同配送のフロー図
  • 1日当たりの走行距離一覧

ヤマト運輸と佐川急便は、長野県松本市安曇上高地、安曇乗鞍、安曇白骨の各地域で共同配送を4月16日から開始する。同事業は長野県初の物流総合効率化法認定事業となる。

長野県松本市安曇上高地は、国立公園内でのマイカー規制を実施するなど、環境配慮の先進地域。トラック配送によるCO2の排出も環境負荷軽減の観点から大きな課題となっていたほか、労働人口減少による配送ネットワーク維持も課題となっている。こうした地域の課題解決にむけて両社で検討を重ねた結果、今回宅配荷物の共同配送を開始することとなった。

共同配送では、対象地域への佐川急便松本営業所が配達を請け負っている荷物をヤマト運輸松本今井センターへ引き渡し、ヤマト運輸が両社の対象地域への荷物を集約して配達する。佐川急便に依頼された集荷については、ヤマト運輸が集約して実施。集荷した荷物を佐川急便がヤマト運輸で回収し、発送する。

これにより1日当たりの両社の合計走行距離は635kmから28%減の458kmに削減。走行距離、積載重量から試算したCO2排出削減量は年間で32.8トン、削減率は34%となる見込みだ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 「置き配」の「現状と実施に向けたポイント」をとりまとめ 経産省と国交省 画像 「置き配」の「現状と実施に向けたポイント」をとりまとめ 経産省と国交省
  • Amazon、玄関への「置き配」を30都道府県で本格展開 再配達削減へ 画像 Amazon、玄関への「置き配」を30都道府県で本格展開 再配達削減へ
  • 楽天自社配送サービス、路線バスを使った貨客混載を開始…岡山市/瀬戸内市 画像 楽天自社配送サービス、路線バスを使った貨客混載を開始…岡山市/瀬戸内市
  • ヤマトや佐川、宅配便対面授受で臨時措置…新型コロナウイルス感染拡大 画像 ヤマトや佐川、宅配便対面授受で臨時措置…新型コロナウイルス感染拡大

特集

おすすめのニュース