またまたトヨタ謎の開発車両をキャッチ…これも「ヤリス クロスオーバー」か?

トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)

厳冬のスカンジナビア氷上で、トヨタの謎の開発車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

先日、新型ヤリスをベースとした新型コンパクトSUVの開発車両を捉えたばかりだが、今回の車両は前世代の『ヴィッツ』(海外では先代ヤリスにあたる)をベースとしたテストミュールであり、それとは全く違う車両だ。しかし、3月のジュネモーターショーで初公開予定だったモデルの開発車両であることは間違いないだろう。

この名もないコンパクトSUVは、ヤリスと同じ「TNGA-B」プラットフォームを採用、ハイブリッドパワートレインとなることが濃厚だ。おそらく『C-HR』の1.8リットルエンジンではなく、ヤリス同様の1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン+モーターがの搭載が予想される。

この新型コンパクトSUVに関しては、「高度な地上高とインテリジェントな全輪駆動システムと、トヨタの最新のハイブリッドテクノロジーを組み合わせる」と伝えられ、トヨタは「コンパクトでダイナミックなデザインと独自の個性を持ち、全く新しい独自のB-SUVモデル」と言及している。

クラス的には、C-HRの下に位置し、ヤリスより長い全長とホイールベース、高い全高、ワイドな全幅が予想される。

本来、3月のジュネモーターショーで初公開予定だったが、コロナウィルスの影響で延期されており、2020年夏の終わりのイベントにて、ワールドプレミアが期待できそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • これが「ヤリス クロスオーバー」?開発車両をスクープ…今夏にも登場か 画像 これが「ヤリス クロスオーバー」?開発車両をスクープ…今夏にも登場か
  • 三菱 パジェロ がPHEVで復活へ…デザインは「コンセプトGC」継承か 画像 三菱 パジェロ がPHEVで復活へ…デザインは「コンセプトGC」継承か
  • ロータス エスプリ ついに復活か…トヨタ製V6ハイブリッド搭載?プロトタイプを撮影 画像 ロータス エスプリ ついに復活か…トヨタ製V6ハイブリッド搭載?プロトタイプを撮影
  • 【トヨタ ヤリス 新型試乗】ハイブリッドのメリット、そして『アクア』との違いとは…渡辺陽一郎 画像 【トヨタ ヤリス 新型試乗】ハイブリッドのメリット、そして『アクア』との違いとは…渡辺陽一郎

特集

おすすめのニュース