スズキ、「クーペ×SUV」のコンセプトEVなど出展…デリーモーターショー2020

スズキ・コンセプト・フュートゥロ-e
  • スズキ・コンセプト・フュートゥロ-e
  • スズキ・コンセプト・フュートゥロ-e

スズキのインド四輪子会社マルチ・スズキ・インディア社と二輪子会社スズキ・モーターサイクル・インディア社は、2月5日にインド・デリー近郊で開幕したデリーモーターショー2020(オートエキスポ2020)に出展する。

マルチ・スズキ・インディア社は、クーペとSUVを融合させたコンセプトEV『コンセプト フュートゥロ-e』を参考出品。若者が求める力強く刺激的なデザインを人気のSUVセグメントで表現することで、マルチ・スズキ社が考える新しい時代のクルマのスタイルを提案する。

この他、インド市場で要望が多かったガソリンエンジンを搭載し、4月から始まる新排ガス規制(BS6)に対応した主力コンパクトSUV『ビターラ ブレッツァ』や、SUVテイストを強めた新デザインのコンパクトカー『イグニス』など17台の四輪車に加え、『ジクサー』や『バーグマン・ストリート』などの二輪車3台も出品する。

スズキ・モーターサイクル・インディア社は、インドで生産する国内向け完成車モデルをすべてBS6対応車として出品。主力スクーター『アクセス125』をはじめ、MotoGP参戦マシン『GSX-RR』と、スポーツバイク『ジクサー250』やスクーター『バーグマン・ストリート』のMotoGPカラーモデルを参考出品するなど、合計23台の二輪車を出品する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース