小林可夢偉選手の私物…ジャパンキャンピングカーショー2020

パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • 通信モジュールはドングル形式
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)

ジャパンキャンピングカーショー2020、パイオニアのブースには通信モジュール搭載のサイバーナビが展示されていた。このナビの特徴は、車内をWi-Fiスポットにできること。キャンプや外出時にスマホやタブレットをヘビーに使っても「ギガ」が減らない。

これはアウトドア派にも地味にうれしい機能のはずだ。サイバーナビの機能や、後付けカメラ、ドラレコについていまさらあれこれ説明する必要はないと思う。そもそもナビはいまの車にとっては必需品だ。そのナビについて、スマホアプリで十分という話もあるが、スマホをナビとして使う場合の最大の問題は、通信パケットだ。

移動範囲が狭ければ地図データのダウンロードはそれほど発生しないかもしれないが、キャンプでいろいろなところをめぐる、となるとパケットはそれなりに発生する。移動中のBGMもSpotifyやAmazon Musicを聴きたいし、車中でくつろぐ間も、YouTubeやネットフリックスを見たい。動画はとくにパケットを消費する。

しかし展示されているような通信モジュールのついたナビは、車の中ではスマホをWi-Fiモードにできる。通信モジュールはドコモの回線を使っているので、エリアの問題はほぼない。キャンプで山奥に入っても(場所によるが)、車の中ではギガを減らさずYouTubeを見放題というわけだ。

通信モジュールの通信料金は発生するが、サイバーナビ購入後1年は無料で、1年目からいくつかのプランを選べる。年間12000円くらいのプランがあるので、月1000円となる。車での利用が多ければ、スマホの契約を通信容量の小さい安いプランにできるので、月々の通信費を安くできる可能性がある。

ところで、一緒に展示してあった巨大なキャンピングカーは、小林可夢偉選手が所有する車両だそうだ。もともとサイバーナビを搭載しており、ジャパンキャンピングカーショーのためにお願いして借りてきたそうだ。中を見ることもできるのだが、慎重が180センチの人でも、頭を下げないで乗り降りができ、車内も普通に立って天井まで余裕があるほ大きい。国内サーキットの遠征などに利用することがあるという。

《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース