気仙沼線・大船渡線BRTで一部が直通運行…大船渡線BRTでは種別を設定 3月14日

大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。
  • 大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。
  • 気仙沼線BRT松岩~不動の沢間の現行ルートと改正後のルート。
  • 改正後の気仙沼BRT運行系統。
  • 大船渡線BRTに新たに登場する陸前今泉経由の新ルート。
  • 改正後の大船渡線BRTの運行系統。快速と普通に分けられる。

JR東日本盛岡支社・仙台支社は1月22日、気仙沼線と大船渡線のBRTダイヤ改正を3月14日に実施すると発表した。

気仙沼線BRTでは、大船渡線BRTとの直通運行が実現。平日に運行している気仙沼7時5分発本吉(もとよし)行きを、大船渡線BRTの鹿折唐桑(ししおりからくわ)始発(6時59分発)とする。

また、松岩~不動の沢間では専用道が供用開始されるため、松岩~南気仙沼間に新駅の「赤岩港」を設置するとともに、南気仙沼駅(宮城県気仙沼市)を専用道上に移設する。これにより、柳津~気仙沼間の最速便は現行から2分短縮した1時間44分となる。

松岩~不動の沢間の専用道開業に伴ない、松岩~南気仙沼間で一般道上を経由して気仙沼市立病院へ乗り入れる便は3往復に削減。気仙沼市立病院までの運賃が新たに設定され、外側の隣接駅(南気仙沼または松岩)を基準として計算する扱いが廃止される。これにより運賃が下がる区間が発生する。

このほか、本吉や陸前階上(りくぜんはしかみ)などから気仙沼方面へは、一部の時間帯を除いてほぼ30分間隔での運行となる。

大船渡線BRTでは、長部(おさべ)~奇跡の一本松間に新設される一般道経由の新ルート上に「陸前今泉」、大船渡市内の専用道上に「大船渡丸森」「地ノ森」「田茂山(たもやま)」といった新駅が設置される。

また大船渡駅(岩手県大船渡市)では、下りの大船渡線列車からBRTの下り最終への乗換え時間が現行より10分減の7分に短縮される。

なお、この改正では大船渡線BRTで種別が設定されることになり、長部~脇ノ沢間で途中、奇跡の一本松と陸前高田のみに停車する便を「快速」、それ以外を「普通」とする。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース