ジャガー XJ 後継はEVに…次世代フラッグシップの姿をスクープ!

ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)

ジャガーは、フラッグシップサルーン『XJ』現行型の生産を終了し、次世代型をフルEVモデルとして発売することを明らかにしている。その次世代フラッグシップとなるEVのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

キャリアカーで輸送中のプロトタイプ車両は、フロントエンドが完全に覆われディテールは不明だ。しかし、新設計されたDピラー、ルーフラインが見てとれるほか、サイドシルの高さ、フェンダーの幅の広さ、ハイウエストライン、縦から横デザインとなるテールライトなどを確認することができる。

この次世代フラッグシップEVは、EVと燃焼駆動の両方のドライブトレインをサポートできる「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用し、各ホイールに1基づつ、最大4基の電気モーターを配置。90.2kWhのバッテリーパックを備え、最大292マイル(470km)の航続が予想されている。

同社は現在、BMWとマルチパートパワートレインパートナーシップの交渉中とみられており、計画が実現した場合、モーター、トランスミッション、及び電子機器の開発で協力が進行するはずだ。

次世代フラッグシップEVは、オーストリアのマグナシュタイアで生産される『I-PACE』とは異なり、同社の英国「Castle Bromwich」(キャッスル ブロムウィッチ)工場での生産が予定されている。

ワールドプレミアは2021年以降で、メルセデスベンツ『EQS』をはじめ、ポルシェ『タイカン』、テスラ『モデルS』などと市場で争うことになるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 初のフルチェンへ…ボディ拡大、グランツアラーは廃止か 画像 BMW 2シリーズ アクティブツアラー 初のフルチェンへ…ボディ拡大、グランツアラーは廃止か
  • BMW 3シリーズ に初のフルEV誕生へ…中国向けロングボディ採用、航続は440kmか 画像 BMW 3シリーズ に初のフルEV誕生へ…中国向けロングボディ採用、航続は440kmか
  • ニュル市販最速ワゴン『レオンR ST クプラ』次期型、320馬力を発揮か 画像 ニュル市販最速ワゴン『レオンR ST クプラ』次期型、320馬力を発揮か
  • プーチン大統領の次期専用車か?ロシアのロールスロイス、初のSUVをスクープ 画像 プーチン大統領の次期専用車か?ロシアのロールスロイス、初のSUVをスクープ

特集

おすすめのニュース