BMW 3シリーズ に初のフルEV誕生へ…中国向けロングボディ採用、航続は440kmか

BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズセダンEV 開発車両(スクープ写真)

BMWが、主力モデル『3シリーズ』新型に設定するとみられるフルEVバージョンの開発車両をスクープサイト『Spyder7』のカメラが捉えた。

BMWは2023年までに25の電動モデルを設定することを計画しており、そのうちの1台が3シリーズになる。捉えた車両は、ヘッドライトにダミーが組み込まれるなど、フルカモフラージュされており、ディテールは不明だ。

しかし、リアにエキゾーストシステムがないことや、フロントドアに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカー、さらに右フロントフェンダーに充電ポートが備えられていることからもEVモデルであることは確実だろう。

フロントエンドには、同社初の電動クロスオーバーSUV『iX3』と非常に似た密閉されたグリルを装着、コーナーエアインテークは上下二分割されるなど、専用デザインが与えられそうだ。

3シリーズEVバージョンは、大型バッテリーを搭載できるよう、ホイールベースが4.3インチ(11cm)長い中国市場専用の「3シリーズ LWB(ロングホイールベース)」をベースとしている。これはEVバージョンが中国向けとなることを示唆している。但し、欧州でテストしていることから、他国での販売も考えられる。

3シリーズ LWBが「iX3」と同じ工場で製造されていることを考えれば、3シリーズEVがiX3と一部のコンポーネントを共有する可能性もありそうだ。EVユニットは、74kWhのバッテリーパックを装備、最高出力286ps、最大トルク400Nmを発揮するリア電動モーターを搭載し、WLTPテストサイクルでの航続距離は273マイル(440km)と予想される。

市販型のワールドプレミアは、最速で2020年、遅くとも1年以内には行われる可能性がありそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • BMW 4シリーズ カブリオレ 次期型はソフトトップに!2020年後半デビューへ準備着々 画像 BMW 4シリーズ カブリオレ 次期型はソフトトップに!2020年後半デビューへ準備着々
  • ニュル市販最速ワゴン『レオンR ST クプラ』次期型、320馬力を発揮か 画像 ニュル市販最速ワゴン『レオンR ST クプラ』次期型、320馬力を発揮か
  • BMW 7シリーズ 新型、2022年登場か…新開発レーザービーム採用、EVの「i7」も 画像 BMW 7シリーズ 新型、2022年登場か…新開発レーザービーム採用、EVの「i7」も
  • プーチン大統領の次期専用車か?ロシアのロールスロイス、初のSUVをスクープ 画像 プーチン大統領の次期専用車か?ロシアのロールスロイス、初のSUVをスクープ

特集

おすすめのニュース