トムスの スープラ はドライカーボンエアロにプロスト&セナの足…東京オートサロン2020

トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)
  • トムス スープラ(東京オートサロン2020)

トムスが展示していた『スープラ』(90スープラ)のカスタムカーは、エアロパーツや内装だけでなく、サスペンション、マフラー、ECU、GTウィングなど機能パーツも本格的なチューニングカー仕様だ。

展示車両はオプションの特別色となるメタリックグリーンが、数あるスープラカスタムカーの中で個性を放っている。特徴的なのはカラーリングだけではない。外装は、ドライカーボンのディフューザーがフロント、両サイド、リアに装着され、バンパーガーニッシュの他、オリジナルのオーバーフェンダー、GTウィングでスープラの精悍さを際立たせている。オーバーフェンダーはボディ幅を+85ミリほど増やす。

内装のドアトリムなどにもドライカーボンのガーニッシュが施され、フルバケットシートとあいまってカスタムカーならでは装いを一層引き立てている。

特徴は空力や見た目だけではない。セナやプロストのF1カーの足回りを担当していた寺本浩之氏が開発したAdvoxブランドの専用サスペンションキット(コイルスプリング、ダンパー)、ブレンボの6ポットキャリパーに同ローター、ECU、サクションパイプも強化されている。排気系はフロントパイプからエンドパイプまでが交換され、排気効率がアップする。ECUチューニングと排気系のチューニングによって、エンジン出力は120PSアップし、460PSとなる。

展示車両は左ハンドルだが、オートサロンでの展示に間に合わせるため海外仕様の車両を使ったためで、正式に販売されるバージョンは国内仕様の車両を利用する。ホイールもワイドボディに使えるホイールがなかったからで、市販モデルはオリジナルデザインのホイールとなる。

価格は1423万円。1月10日に予約開始となったが、来場者からも予約の問い合わせがきているという。

《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース