アルピーヌ A110 左ハンドル仕様を日本導入 価格844万4000円、台数は10台

アルピーヌ A110リネージ リミテッド
  • アルピーヌ A110リネージ リミテッド

アルピーヌ・ジャポンは、左ハンドルの限定車『A110リネージ リミテッド』10台を2020年1月9日から、全国14店舗のアルピーヌ正規販売店で発売。12月24日11時から、アルピーヌ・ジャポン公式サイト内専用ページで、予約申込みを受付ける。

新型アルピーヌA110は、昨年フランスで販売を開始して以来、購入申し込みが殺到。日本を含む世界中で多くのバックオーダーが発生。左ハンドルモデルは欧州を中心に納車し、バックオーダーの早期解消を図ったため、日本への左ハンドルモデルの導入は終了となっていた。今回、日本のユーザーからの左ハンドルモデルへの強い要望に応え、左ハンドルモデルを限定発売する。

アルピーヌA110リネージは、ドライビングプレジャーに加え、洗練されたデザインと快適性が特長の、日常での使いやすさはもちろん、長距離ドライブにも最適なモデル。今回発売する限定車は、A110リネージに装着されているアロイホイールに替えて、軽量なフックス製18インチ鍛造アロイホイール(ブラック)を装備し、軽快な走りが楽しめる仕様とした。

ボディカラーはグリトネールMの1色のみの設定で、価格は844万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース