チームHRC 山本鯨、全日本モトクロス選手権 最高峰クラスでチャンピオン獲得

山本鯨の走り
  • 山本鯨の走り
  • チャンピオンセレモニー
  • 山本鯨とCRF450RW

2019年全日本モトクロス選手権の最高峰IA1(450cc)クラスで、チームHRCから参戦する山本鯨が2年ぶり2回目のシリーズチャンピオンを獲得した。

10月27日、スポーツランドSUGO(宮城県)にて、「第57回MFJGPモトクロス大会 2019MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第8戦(最終戦)」が開催された。ランキング首位で臨んだ山本は、ワークスマシン「CRF450RW」を駆り、ヒート1で4位となったが、レース前28ポイント差でランキング2位のチームHRC 成田亮が3位となったため、チャンピオン決定はヒート2に持ち越された。続くヒート2では山本が3位でゴールし、IA1クラスのチャンピオンを決定。この結果チームHRCは、IA1クラスにて4年連続でシリーズチャンピオンを輩出することとなった。

なおレースは、2019年モトクロス世界選手権 MX2クラスに参戦し、今大会にスポット参戦したチームHRCのミッチェル・エバンス(豪)がパーフェクトウインを飾った。

山本鯨選手のコメント

昨年ここSUGOのヒート2で、転倒してチャンピオンを逃してしまい、とても辛い思いをしました。今日はチャンピオンが獲得でき、ファンの皆さんの声援に応える結果を届けられたので、非常にいい一日になりました。全日本モトクロス選手権のIA1クラスはレベルが高く、毎戦厳しい戦いが続くので、1年間本当に辛かったのですが、こうして最後にタイトルを獲得でき、とても嬉しいです。今シーズンも応援いただきありがとうございました。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース