ヤマハ テネレ700 は2020年夏に発売、従来の単気筒モデルより軽く…東京モーターショー2019

ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)
  • ヤマハ テネレ700(東京モーターショー2019)

「東京モーターショー2019」にてヤマハは、排気量689cc水冷並列2気筒270度クランクエンジンを軽量ボディに搭載したアドベンチャーツアラー『テネレ700』を披露した。

ライディングポジションの自由度が高い車体で、耐久性や整備性に優れ、荷物積載時の適応力などにも長ける、オフロード+アドベンチャー+ツーリングの各要素を高次元でバランスさせている。

さまざまな軽量化技術を投入した車体は、前モデル『XT660Z』比で約10kgの軽量化を実現。じつは海外サイトでは発表済みで、車両重量は204~206kg(仕向地により異なる)と明かされている。XT660Zは単気筒エンジン搭載車であるから、軽さへのこだわりと追求心がいかに強かったかが分かるだろう。

CP2と呼ばれる『MT-07』譲りのエンジンは80.0mmx68.6mmのボア・ストロークでDOHC4バルブ、6速トランスミッション。不等間隔爆発を生む270度クランクはトラクション性能に優れ、オフロードでも走破性が高い。

足まわりは前輪21インチ(90/90R21)、後輪18インチ(150/70R18)で、インナーチューブ径43mmのKYB製倒立フォークは210mm、ピギーバックスタイルのリザーバータンクを持つリアショックは200mmのストローク量を持つ。

LED式のヘッドライトは上2灯がロー、下2灯はハイビームで、横長のランニングライトとともに個性的なフロントマスクを演出している

欧州では先行発売され、価格は9699ユーロ。日本円に換算すると117万円強で、国内ならもう少し下がるはず。気になるのは日本での発売だが、担当者によると「2020年夏以降」とのことだ。

《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハの新開発V8エンジン「F425A/FL425A」が市場から求められた理由 画像 ヤマハの新開発V8エンジン「F425A/FL425A」が市場から求められた理由
  • 「所有」から「利用」へ…バイクメーカーのヤマハが「キャンプ用品レンタル」を始めた理由 画像 「所有」から「利用」へ…バイクメーカーのヤマハが「キャンプ用品レンタル」を始めた理由
  • ついに出た“4発ニーゴー”!カワサキ Ninja ZX-25R、気になる値段は…東京モーターショー2019 画像 ついに出た“4発ニーゴー”!カワサキ Ninja ZX-25R、気になる値段は…東京モーターショー2019
  • “ハンターカブ”が帰ってきた! ホンダ『CT125』世界初出展…東京モーターショー2019[詳細画像] 画像 “ハンターカブ”が帰ってきた! ホンダ『CT125』世界初出展…東京モーターショー2019[詳細画像]

特集

おすすめのニュース