トヨタの超小型EV2台、ビジネス向けコンセプトモデルも…東京モーターショー2019出品予定[詳細画像]

トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV
  • トヨタ 超小型EV

トヨタ自動車は10月17日、2020年冬頃に発売を予定している2人乗り『超小型EV(電気自動車)』を東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催されるFUTURE EXPOで一般公開すると発表した。

超小型EVは、免許取得まもない初心者ドライバーや高齢者などが、買い物等で近距離移動することを想定して開発。全長は2490mm、全幅1290mm、全高は1550mmとなり、最小回転半径は3.9mと取り回しの容易なサイズとなっている。乗車定員は2名、最高速度は60km/hで、一回の充電で約100kmの走行が可能となる。また、満充電には200Vで約5時間程だ。

パワートレインは、リチウムイオン電池を床下に搭載し、駆動モーターはリアに配置、リアタイヤを駆動する。またタイヤサイズは、13インチと軽自動車での普及サイズを採用することでスタッドレスタイヤの調達も容易にしている。

一方、安全面については、国土交通省車両安全対策検討会の資料として公開されている超小型モビリティの安全基準案を満たす要件で開発が進められているほか、インテリジェントクリアランスソナーや衝突時被害軽減ブレーキが設定されている。

また、6月7日に発表された『超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル』も同会場FUTURE EXPOにて同時に出展される予定だ。

《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース