動力の有無は関係ない!? 佐藤琢磨選手も力走見せる…レッドブル・ボックスカートレース 東京大会

レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • 派手なクラッシュも見られた。ベストクラッシュ賞もあるので狙うも!?
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019
  • レッドブル・ボックスカートレース 東京2019

起源はアメリカの石鹸箱レースといわれる「レッドブル・ボックスカートレース」が、6日、よみうりランドで開催された。2000年から始まったこの大会、日本では2009年、2017年に続いて3回目の開催となる。

レースは、アマチュアチームがそれぞれの趣向を凝らしたカートを製作し、坂道を下りながらパフォーマンスとタイムを競う。順位は、走行前のパフォーマンスと走行タイムで決定するが、走行中のアクション、カートの造形などの特別賞もある。参加者は、カートのコンセプトやデザインに合わせた衣装、コスプレで参加する。

パフォーマンスやカートの審査は、スキージャンプの高梨沙羅選手、ホンダF1マネージングディレクター山本雅史氏、ダンサーで初代Red Bull BC One World Finalチャンピオンのamiさん(B-Girl)、「つくってあそぼ」のワクワクさんこと久保田雅人氏、タレントでアーティストのMattさんの5名。

コースは丘陵地のよみうりランドの立地を生かした300メートルほどの特設コース。スラロームや凹凸路、シーソー、ジャンプ台(キッカー)など、カートの操縦性や耐久性を試す設定だ。ゴール前の直角コーナーはバンクつきでここの攻略も完走とリタイヤを分けるポイントだ。

チームによってはカートの性能やメカニズムに凝って、あくまで完走とタイムを狙うところもあれば、パフォーマンスやクラッシュを狙うチームもある。それぞれが思い思いに楽しむ参加型イベントだが、出オチのカート、プロフェッショナルな仕上がりのボディ、派手なコスプレ、クラッシュなどのハプニングと、見るエンターテインメントとしても十分に楽しめるイベントだ。

カートは、大仏の顔の形をしていたり、米俵やダーツの矢をモチーフにしたり、タピオカドリンクだったり…。予選審査があるとあって、どれも完成度が高く個性的だ。その中、YouTuberやスポンサー企業からのゲスト参加もあったが、サプライズゲストとして佐藤琢磨選手もゼッケン30番のカートで出走した。

車両はスポンサー企業のひとつFWD富士生命が制作したもの。文字通りボックスタイプでシンプルなカートだが、佐藤琢磨の手にかかれば一味違う走りを見せてくれた。最終コーナーの「ウォール」と呼ばれるバンクは、多くのチームがバンクに乗り切れないかクラッシュする中、さすがプロレーサーという走りで一気に抜けていった。

出走後、佐藤選手は自身の走りについて、次のようにコメントしてくれた。

「最初に車両をみたとき、これは難しいかなと思い、スタートでちょっと迷いがあったけど、1コーナーとスラロームで車両の重さ、動きを感じて感覚を勉強しました。最後のバンクは思いきり行けました。今日の走りは100点満点です」。

じつは佐藤選手は自転車競技の経験もある。バンクコーナーは、インディカーでさんざん走っている。一流選手となると、タイヤとハンドルで動くものなら動力の有無は関係ないようだ。

《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

  • レッドブル ボックスカートレースに佐藤琢磨が参戦へ、F1デザインの搭乗者も募集中 画像 レッドブル ボックスカートレースに佐藤琢磨が参戦へ、F1デザインの搭乗者も募集中
  • おバカな競技に大まじめ、レッドブル ボックスカートレース開催 10月6日 画像 おバカな競技に大まじめ、レッドブル ボックスカートレース開催 10月6日
  • 大会前日、最終チェックを行う個性豊かなマシンたち…レッドブル・ボックスカートレース ロンドン 画像 大会前日、最終チェックを行う個性豊かなマシンたち…レッドブル・ボックスカートレース ロンドン

特集

おすすめのニュース