コンチネンタル、自動運転車向けデジタルコクピット発表へ…フランクフルトモーターショー2019

コンチネンタルの自動運転車向けデジタルコクピット(上が手動運転時、下が自動運転時)
  • コンチネンタルの自動運転車向けデジタルコクピット(上が手動運転時、下が自動運転時)
  • コンチネンタルの自動運転車向けデジタルコクピット(自動運転時)
  • コンチネンタルの自動運転車向けデジタルコクピット(手動運転時)

コンチネンタル(Continental)は、9月10日(日本時間9月10日夕方)にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、将来の自動運転車向けデジタルコクピットを初公開すると発表した。

コンチネンタルの将来の自動運転車向けデジタルコクピットでは、ドライバーが自動運転モードに切り替えると、フルスクリーン表示になる。ダッシュボードの横幅全面にディスプレイを拡大することにより、乗員はデジタルオフィスやエンターテインメント環境に完全に浸ることができるという。

手動運転モードでは、ディスプレイはコンパクトになる。走行に関する重要な情報がドライバーに表示される。ドライバー以外の乗員は、走行中に映画などを楽しむことができる。

またドライバーは、ジェスチャを使用して、ディスプレイから高解像度ナビゲーションマップなどのコンテンツを取得できる。乗員は一般的なアプリケーションを含めて、使い慣れたすべてのデジタルサービスが利用できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集