“欧州のハイエース”はどう変わる? VWの商用バン&ミニバンに統合の可能性

VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真
  • VW T7(仮)開発車両スクープ写真

“欧州のハイエース”とも言われるVWの商用バン『T6』後継モデルの開発車両を、約1年ぶりにカメラが捉えた。

「Tシリーズ」の歴史は1950年に登場した『T1』に始まる。その系譜は1967年の『T2』、1979年の『T3』、1990年の『T4』、2003年の『T5』へと続いている。現在『T6.1』世代が最新モデルとして販売されており、欧州では不動の人気を誇っているが日本での正規販売はされていない。

捉えたプロトタイプは、T6のテストミュールのため、開発が初期段階と見られる。一見なんの変化も見られないが、よく見るとフロントエンドが伸びていることがわかる。後継モデルとなる『T7』では、VWグループ最新世代のMQBプラットフォームを採用、ボディスタイルに変化が見られるかもしれない。

キャビン内も初めて撮影に成功した。センターには仮の大型ディスプレイが装着されており、最新のインフォテイメントシステムを搭載するデジタルコックピットのベースが開発されている可能性もある。

またVWでは現在商用バンとミニバンの再編を計画しており、ミニバン『シャラン』と商用バン『キャディー』を「T7」ファミリーとして発売、「T7シャラン」、「T7ライフ キャディー」としてデビューすることが示唆されている。

パワートレインの最新情報は入っていないが、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボの他、ハイブリッドやフルEVなど電動モデルの設定も予想されているようだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集