ルノー トゥインゴ 改良新型、フレンチデザインの限定車「ルコックスポルティフ」発売

ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ(日本仕様は右ハンドル)
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ(日本仕様は右ハンドル)
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ サイドデカール
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ サイドストライプ
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ インテリア(日本仕様は右ハンドル)
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ キッキングプレート
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ プレート
  • ルノー トゥインゴ ルコックスポルティフ ボディ同色サイドプロテクションモール

ルノー・ジャポンは、『トゥインゴ』改良新型に、仏スポーツメーカー「ルコックスポルティフ」とのコラボモデルを設定し、8月22日から150台限定で受注を介した。

ルコックスポルティフは、創業以来130年以上にわたり、サッカーやサイクリング、テニス、 ラグビーといったスポーツをサポートし続ける、フランスで最も古い総合スポーツメーカー。昨年からは、ルノー F1チームのオフィシャルサプライヤーとなっている。

今回発売する「トゥインゴ ルコックスポルティフ」は、専用のブラン クオーツMのボディカラーにフランスの象徴であるトリコロールを配した、スポーティでエレガントなフレンチスタイルのデザインをまとった限定車だ。

そのほか、16インチアロイホイールやルージュドアミラー、フロントフォグランプ、ルージュ内装トリム、レザー調×ファブリックコンビシート、前席シートヒーター、4スピーカー+サブウーハー、バックソナー+リアカメラなどを専用装備する。

価格(消費税10%込)は214万円。登録開始は10月下旬を予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集