ポルシェ パナメーラ に2ドア!? 改良新型、48Vマイルドハイブリッドも登場

ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型 スクープ写真

ポルシェ『パナメーラ』改良新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

パナメーラは、同社初のフル4シーター、5ドアサルーンとして2009年にデビュー。2016年には7年ぶりのフルモデルチェンジが行われ、今回が第2世代初のフェイスリフトとなる。

捉えたプロトタイプは一見フルヌード状態だが、拡大するとフロントバンパーやテールゲートに黒いテープが多数貼られており、ディテールが隠されていることがわかる。しかし最新情報によれば、『カイエン』や『911』新型と共通性を持たせたフロントエンドとテールライトに刷新されるという。

またこの車両は、21インチホイールやクワッドエキゾーストパイプを装着していることから高性能モデルの可能性が高く、ライムグリーンのブレーキキャリパーからも『ターボ S E-Hybrid』改良新型と予想される。S E-Hybridには、最高出力680psを発揮する 4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターが引き続き搭載されるだろう。

注目は、2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する「4S」グレードに48Vマイルドハイブリッドを搭載する可能性があることだ。これは通常の内蔵モータージェネレーターを使用し電力を収穫、効率を高め発進・停止システムを素早く起動させることができるという。さらには、トルク供給のギャップを埋めるアウディの電動コンプレッサーシステムの搭載も予想されている。

また、かねてから噂のある2ドアバージョンや、コンバーチブルがこの改良新型に設定される可能性もあるといい、第3世代への交代を前に目が離せない。改良新型は最速で2019年内の登場が期待される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • BMW初の4ドアEVクーペ「i4」、車高は高くクロスカントリー風? 画像 BMW初の4ドアEVクーペ「i4」、車高は高くクロスカントリー風?
  • ライバルはマツダ CX-30!? スバル、新型クーペSUVを2020年投入か 画像 ライバルはマツダ CX-30!? スバル、新型クーペSUVを2020年投入か
  • アウディ A3セダン 次期型、「Sライン」開発車両をキャッチ 画像 アウディ A3セダン 次期型、「Sライン」開発車両をキャッチ
  • BMW X7に「M」はいらない…600馬力オーバーのアルピナ XB7 がニュル激走 画像 BMW X7に「M」はいらない…600馬力オーバーのアルピナ XB7 がニュル激走

特集