路上駐車ゼロを目指す…タイムズが啓発活動 8月9日は「パークの日」

路上駐車
  • 路上駐車
  • 路上駐車

パーク24グループは、「8月9日 駐車場(パーク)の日」にちなみ、7月から8月にかけて路上駐車をなくすための啓発活動を実施している。

2017年の駐車違反取締り件数(放置車両確認標章取付件数)は約130万件にのぼり、路上駐車が原因の事故も後を絶たたない。さらに、路上駐車は渋滞の原因や、緊急車両の通行の妨げになるなど、様々な問題を引き起こしている。こうした問題をなくすため、パーク24グループは、8月9日を「駐車場(パーク)の日」として1998年に記念日登録。「1年のうち、たった1日でもいいから路上駐車が引き起こす様々な社会問題について考えてほしい」という願いを込めたという。

パーク24グループでは毎年、この8月9日を中心に、路上駐車ゼロに向けた啓発活動を実施。今年度もタイムズパーキングやカーシェアステーション、レンタカー店舗の場所を記載した「タイムズMAP」を従業員が配布するほか、駐車に対する苦手意識の解消につながる駐車のコツを無料で指導する「タイムズレッスン」を開催する。さらに、8月9日「駐車場(パーク)の日」の「タイムズパーキング」、「タイムズカーレンタル」、「タイムズカーシェア」の売上金の一部を交通遺児等育成基金に寄付する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集