アウディ高性能コンパクト「S3」次期型、2020年デビューへ開発進行中

アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型 スクープ写真

アウディ『A3スポーツバック』に設定されるハイスペックモデル『S3スポーツバック』次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。南ヨーロッパでキャッチした車両は、これまでで最もカモフラージュが軽い状態だ。

ヘッドライトのLEDデイタイムランニングライトはフェイクの可能性もあるが、市販型では『Q8』に似たデザインが採用されると思われる。またハニカムメッシュのワイドグリル、大型のコーナーエアインテークのデザインも徐々に露出している。

更にワイドフェンダー、サイドスカート、クワッドエキゾーストパイプなどアグレッシブな装備は、ベースモデルと大きく異なっていることがわかる。

ベースモデルのA3に搭載されるパワートレインは、1リットル直列3気筒エンジン、1.5リットル直列4気筒エンジン、48Vマイルドハイブリッドや、最高出力200ps以上でEV航続距離60kmの「e-tron」、さらにはフルEVなどが予想されている。

対して「S3」では2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力320psから325ps程度と過去最強スペックが期待できそうだ。

キャビン内では、12.3インチデジタルメーターパネルと最新のインフォテインメントソフトウェアを搭載し、カーボンファイバー製ダッシュボードなどアグレッシブなコックピットが予定されている。

A3次期型では、3ドアとカブリオレ(どちらも日本未導入)が廃止されると予想されている。S3でも同様に5ドアスポーツバックのみのラインアップとなるだろう。ワールドプレミアは、2020年となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集