【F1 イギリスGP】ボッタスが母国GPのハミルトンを下してポールポジションを獲得

F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP

F1第10戦イギリスGPの公式予選が13日、シルバーストンサーキットで行われ、母国グランプリ5年連続ポールポジションを目指したルイス・ハミルトン(メルセデス)を下し、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションを獲得した。

Q1ではトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)から18番手のランス・ストロール(レーシングポイント)まで1.249秒差、Q2はトップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)からQ2敗退となった11番手のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)まで0.973秒差と、予選は大接戦の展開となった。

Q3では母国グランプリで5年連続のポールポジション獲得を狙ったハミルトンが最初のアタックで1分25秒345を記録したが、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がそれを上回る1分25秒093を記録。終了間際のアタックでハミルトンは自身のタイムを更新するも0.006秒及ばず、ボッタスが見事ポールポジションを獲得した。

3番手は終了間際のアタックでボッタスまで0.079秒差に迫ったルクレール。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は最後に自身のタイムを更新したがルクレールに0.104秒及ばず4番手だった。今回セッティングをフェルスタッペンに合わせパフォーマンスが改善されたピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が5番手、予選Q2では敗退の危機もあったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はQ3も歯車が噛み合わず6番手で予選を終えた。

トロロッソ・ホンダはアレクサンダー・アルボンがQ3進出を果たし9番手、ダニール・クビアトは17番手だった。

F1イギリスGP 公式予選結果
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分25秒093
2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分25秒099
3. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分25秒172
4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分25秒276
5. ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)/1分25秒590
6. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分25秒787
7. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分26秒182
8. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分26秒224
9. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)/1分26秒345
10. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分26秒386

以下Q2
11. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分26秒519
12. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分26秒546
13. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分26秒578
14. ロマン・グロージャン(ハース)/1分26秒757
15. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分26秒928

以下Q1
16. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分26秒662
17. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分26秒721
18. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分26秒762
19. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分27秒789
20. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/1分28秒257

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1 イギリスGP】フリー走行2はメルセデスがワンツー、ボッタスがトップタイム 画像 【F1 イギリスGP】フリー走行2はメルセデスがワンツー、ボッタスがトップタイム
  • 【F1】通算1007戦目のイギリスGP、アストンマーティン・レッドブル・レーシングは映画“007”とともに戦う 画像 【F1】通算1007戦目のイギリスGP、アストンマーティン・レッドブル・レーシングは映画“007”とともに戦う
  • 【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019】F1史上初の6輪車「ティレル P34」、ピエルルイジ・マルティニ氏とともに登場決定 画像 【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019】F1史上初の6輪車「ティレル P34」、ピエルルイジ・マルティニ氏とともに登場決定
  • ホンダの新型EV『ホンダe』の最新プロトタイプ発表、ヒルクライムにも出走…グッドウッド2019 画像 ホンダの新型EV『ホンダe』の最新プロトタイプ発表、ヒルクライムにも出走…グッドウッド2019

特集