ADIVA、開閉式ルーフ付きEVスクーター「AD-4」を限定発売

ADIVA AD-4
  • ADIVA AD-4
  • ADIVA AD-4
  • フロントスクリーン
  • 開閉式ルーフ
  • ADIVA AD-4
  • ADIVA AD-4
  • ADIVA VX-1
  • ADIVA AD-4

ADIVAは、開閉式ルーフ付き軽二輪EVスクーター『AD-4』をオフィシャルコンプリートモデルとして設定し、7月5日より限定10台で赤坂ショールームにて発売する。

AD-4は、EVスクーター『VX-1』にフロントスクリーンや開閉式ルーフ、リアトランクなどを付与した次世代のアーバンミューターだ。ベースとなるVX-1は、タンデムでの高速移動も快適にこなせる軽二輪クラスのEVスクーター。14.4kWの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大270kmの航続を実現。電動バイクならではのライディングの楽しさを提供する。

AD-4は、UVカット加工を施したフロントスクリーンを備え、雨や冷たい走行風からライダーを保護。2段階調整式ワイパーにより、雨天でも良好な視界を確保する。また、冷たい雨や厳しい日差しを遮ることのできる開閉式ルーフを装備。天気の良い日は、ルーフを折り畳んでリアトランクに収納し開放感を楽しむこともできる。

さらに、ヘルメット2つに加え、ウエアやバッグも収納できる大容量90リットルリアトランクを装備。ボディ一体型のスタイリッシュなデザインで、2人分の小旅行の荷物も余裕で収納できる。

なおAD-4は、ボディカラーをはじめ、車体の仕様が自由に選べるオーダーメイドシステムを採用した、オフィシャルコンプリートモデル。ADIVAでは、急速充電ソケット(CHAdeMO)や、モバイル端末とBluetooth接続できるディスプレイユニットなど、多彩なオプションを準備中だ。

価格は248万4000円。オーダー内容により変動する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ベスパ初のEVスクーター「エレットリカ」、日本初公開へ…東京モーターサイクルショー2019 画像 ベスパ初のEVスクーター「エレットリカ」、日本初公開へ…東京モーターサイクルショー2019
  • 高速道も走れるEVスクーター「ADIVA VX-1」が面白い…乗ってわかったEVの課題と可能性 画像 高速道も走れるEVスクーター「ADIVA VX-1」が面白い…乗ってわかったEVの課題と可能性
  • ADIVA、軽二輪EVスクーター『VX-1』を国内市場に投入 114万円より 画像 ADIVA、軽二輪EVスクーター『VX-1』を国内市場に投入 114万円より
  • バイク王5店舗、EVスクーターの新車販売を開始 順次展開を拡大予定 画像 バイク王5店舗、EVスクーターの新車販売を開始 順次展開を拡大予定

特集