ヤンマーミュージアム、10月5日にリニューアルオープン 体験型コンテンツを充実

ヤンマーミュージアム、館内イメージ
  • ヤンマーミュージアム、館内イメージ
  • ヤンマーミュージアム、俯瞰イメージ
  • ヤンマーミュージアム

ヤンマーは、企業博物館「ヤンマーミュージアム(滋賀県長浜市)」を10月5日にリニューアルオープンすると発表した。

ヤンマーミュージアムは、ヤンマーが創業100周年記念事業の一環として、2013年3月に創業者山岡孫吉の生誕地である滋賀県長浜市に建設した企業ミュージアム。オープン以来、県内外から累計で約55万人もの人々が来館している。

今回のリニューアルでは、「やってみよう!わくわく未来チャレンジ」をコンセプトに、未来の社会を担う子どもたちが、見て・触れて・体験しながら学ぶことができる、チャレンジミュージアムとして生まれ変わる。

施設内は、創業者である山岡孫吉のチャレンジ精神を紹介するストーリーシアターや、農業や漁業を仮想体験できるブースのほか、プレジャーボートや建設機械の操作体験シミュレーターなど、大地・海・都市のフィールドで活躍するヤンマーの製品と連動したコンテンツに挑戦できる。体験型のコンテンツを通じて、チャレンジ精神を育むだけでなく、食料生産、エネルギー変換、街づくりなど、持続可能な社会のあり方をワクワクする体験を通じて学ぶことができる。さらに、ヤンマーの歴史を伝えるコーナーや動植物観察ができるビオトープなどの学習に繋がるエリアも充実させるほか、オリジナルグッズが購入できるショップや地元食材を取り入れたカフェレストランも併設する。

9月上旬をめどにヤンマーミュージアムのウェブサイトにて事前予約の受付を開始。営業時間、イベント情報などについては、改めてアナウンスされる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集