バリアフリーに関する正確性の高い情報提供を検討へ 国交省

イメージ
  • イメージ

国土交通省は、6月20日にICTを活用した歩行者移動支援推進するための検討委員会を開催し、バリアフリーに関する情報の整備・活用促進を目指して2019年度に取り組む内容について議論する。

国土交通省では、歩道の幅や段差、坂道などの情報をオープンデータと提供している。これらの情報を活用したバリアフリー対応のナビゲーションなどが民間事業者によって開発され、高齢者や車いす利用者が便利、快適に移動できる社会を実現するのが目的で、データ仕様の策定やガイドラインの公表などの取り組みを進めている。

2019年度は、バリアフリーに関する情報の整備を、地方公共団体や他分野との連携によって推進する手法や、正確性の高い情報を提供する手法を検討する予定で、2019年度の取り組み方針について議論するための委員会を開催する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ICTを使ってバリアフリー関連情報を地方公共団体と共有へ 国交省 画像 ICTを使ってバリアフリー関連情報を地方公共団体と共有へ 国交省
  • バリアフリー基本構想作成のガイドライン、地方公共団体向けに国交省が作成 画像 バリアフリー基本構想作成のガイドライン、地方公共団体向けに国交省が作成
  • 公共交通事業者がバリアフリー化計画を策定するためのマニュアル 国交省が策定 画像 公共交通事業者がバリアフリー化計画を策定するためのマニュアル 国交省が策定
  • バリアフリー化が必要な特定道路、総延長4558kmに 2885kmを追加 画像 バリアフリー化が必要な特定道路、総延長4558kmに 2885kmを追加

特集