シトロエン C5エアクロスSUV 発売、「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求…価格424万円

シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • シトロエン C5エアクロスSUV

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求したクロスオーバーSUV、シトロエン『C5エアクロスSUV』を5月28日より発売する。

快適な乗り心地のキーとなるサスペンションシステムには、同社伝統の「ハイドロニューマチック」を現代的に解釈した新開発「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)」を採用する。サスペンションが小さく細かく動く状況やストロークスピードが低い状況では、減衰力が小さくソフトな乗り心地を提供。大きな凹凸でも衝撃をスムースに吸収し、快適なフィーリングを提供する。

シートには、フランス車の伝統を受け継ぐたっぷりふっかりの「アドバンスドコンフォートシート」を搭載。独自の高密度フォームを採用し、身体をソフトに優しく包み込みつつ、確実なサポートを実現する。さらにシート表皮中央部にはさらに15mm分レイヤーを重ねることで、座った瞬間の当たりの柔らかさとなじみの良さを高めている。

パワートレーンは、最高出力177psを発生する2リットルクリーンターボディーゼルと電子制御8速オートマチック「EAT8」の組み合わせ。市街地から高速道路までスムーズかつダイナミックな走りを実現しながら、16.3km/リットル(WLTCモード)の低燃費と、クラス最小レベルのCO2排出量を実現。また、グリップコントロールやヒルディセントコントロールなどを搭載し、FFモデルながらSUVとしての本格的なオフロード性能も発揮する。

先進運転支援システムでは、アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビームなどに加え、「ハイウエイドライブアシスト」を搭載。渋滞での完全停止と3秒以内の再発進、アクティブクルーズコントロール、車線内の左右任意の位置を保持しながら走行するレーンポジショニングアシストなどを実現する。

ボディサイズは全長4500mm、全幅1850mm、全高1710mm、ホイールベース2730mm。ボディカラーはブラン ナクレ、ノアール ペルラネラ、グリ プラチナム、ブルー チジュカ、ルージュ ボルカーノ、ブラン バンキーズの全6色を設定。価格は424万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アウディが新型SUVを7車種発表へ、EVと Q8 の高性能版など…2019年内に 画像 アウディが新型SUVを7車種発表へ、EVと Q8 の高性能版など…2019年内に
  • アウディSUV全車に「スポーツバック」設定へ、第1弾『Q3スポーツバック』は7月発表予定 画像 アウディSUV全車に「スポーツバック」設定へ、第1弾『Q3スポーツバック』は7月発表予定
  • ルノーがSUVクーペ市場に参入、『アルカナ』を欧州発表 画像 ルノーがSUVクーペ市場に参入、『アルカナ』を欧州発表
  • DS 7クロスバック、自動駐車支援機能を搭載 CセグメントSUV初 画像 DS 7クロスバック、自動駐車支援機能を搭載 CセグメントSUV初

特集