日野とホンダ、SBとトヨタのMaaS事業会社MONETに参画

MONET
  • MONET

ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONETテクノロジーズは3月28日、日野自動車およびホンダと資本・業務提携を行うと発表した。

日野およびホンダは、それぞれMONETに2億4995万円を出資し、9.998%の株式を取得する予定。MONETは両社の参画により、MaaS事業の価値向上とモビリティサービスユーザーへのサービス向上を図る。

今回の提携についてMONETの宮川潤一社長兼CEOは、「この提携によって、日野のトラックやバスから得られる人や物の移動に関する車両のデータと、ホンダの乗用車などを活用したモビリティサービスから得られるデータが連携できるようになり、MONETのプラットフォームはさらに進化していく。MONETは、今後も多種多様なデータを連携していくことで自動運転社会に向けた高度なMaaSのプラットフォームを構築し、安心・快適なモビリティサービスの実現を通して人々の暮らしを豊かにすることを目指す」とコメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • MONETと福山市、自動運転を活用した運行サービスで連携 画像 MONETと福山市、自動運転を活用した運行サービスで連携
  • 「MaaSを日本に実装するための研究会」が発足へ、MONETやJR東日本が参加 画像 「MaaSを日本に実装するための研究会」が発足へ、MONETやJR東日本が参加
  • MONET、次世代モビリティサービスで豊田市と業務連携 オンデマンドバスの実証実験加速へ 画像 MONET、次世代モビリティサービスで豊田市と業務連携 オンデマンドバスの実証実験加速へ
  • 「道の駅」を自動運転やMaaSの中核に…実証実験に見る、その可能性 画像 「道の駅」を自動運転やMaaSの中核に…実証実験に見る、その可能性

特集