ルノー、日産・三菱自と新たなアライアンス組織の新設を協議

ルノーグループ本社(パリ) (c) Getty Images
  • ルノーグループ本社(パリ) (c) Getty Images
  • 日産自動車グローバル本社(横浜市) (c) Getty Images

ルノーは11日、日産自動車、三菱自動車との提携を強化するため、新たなアライアンス組織の設立を、パートナーである日産、三菱自と協議していると発表した。

3月12日に日産自動車のグローバル本社で、3社連合のトップが出席する記者会見で詳細を公表する見通し。新しい組織は、ルノーと日産のアライアンス合意文書と、アライアンスの出資比率には影響を与えないとしており、ルノーと日産の経営統合には触れないという。

アライアンスの新組織の議論は最終合意していない。合意はルノーの取締役会への事前承認してからとなる。

3社連合はオランダにアライアンスの統括会社2社を置いているが、不透明な資金がカルロス・ゴーン被告に支給された疑いがあるなど、統括会社として機能していなかった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集