ソフトバンクと鎌倉市、MaaS推進などで連携へ---協定を締結

鎌倉市内、腰越付近
  • 鎌倉市内、腰越付近
  • 鎌倉市内、鶴岡八幡宮
  • 鎌倉市内、小町通り

ソフトバンクは3月4日、神奈川県鎌倉市と次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」(モビリティ・アズ・ア・サービス)推進やスマートシティの実現に向けた検討など、複数の分野で連携と協力する包括協定を締結したと発表した。

協定では次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」の推進、スマートシティの実現に向けた施策の検討、テレワーク・ライフスタイルの推進、ICTを活用した教育の振興、5G活用を見据えたモバイルのエリア整備推進などで協力する。

協定の締結を機に、ICT(情報通信技術)を利活用した、官民連携による社会的課題の解決に向けた取り組みを幅広く検討する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 5Gを使って自動運転向け高精度地図を生成 ソフトバンクとダイナミックマップ基盤が協力 画像 5Gを使って自動運転向け高精度地図を生成 ソフトバンクとダイナミックマップ基盤が協力
  • ソフトバンクのファンドが米自動運転ベンチャーに出資…無人配送サービス拡大へ 画像 ソフトバンクのファンドが米自動運転ベンチャーに出資…無人配送サービス拡大へ
  • MONET、17自治体と連携…次世代のオンデマンドモビリティサービス提供へ 画像 MONET、17自治体と連携…次世代のオンデマンドモビリティサービス提供へ
  • 国内のMaaS市場、2030年に6兆3600億円に成長を予測 矢野経済研究所 画像 国内のMaaS市場、2030年に6兆3600億円に成長を予測 矢野経済研究所

特集