新東名 厚木南IC~伊勢原JCT、3月17日15時開通 東名の渋滞緩和へ

新東名 位置図
  • 新東名 位置図
  • 圏央道~伊勢原JCT間のダブルネットワークが形成

NEXCO中日本は、建設を進めてきた新東名高速道路 厚木南インターチェンジ(IC)~伊勢原ジャンクション(JCT)間約4kmが、3月17日15時に開通すると発表した。

新東名は、海老名南JCT(神奈川県)~豊田東JCT(愛知県)間、約253kmを結ぶ高速道路で、これまでに海老名南JCT~厚木南IC間(約2km)、御殿場JCT~豊田東JCT間(約200km)と、東名と新東名を結ぶ連絡路(清水連絡路、引佐連絡路)が開通している。

今回、厚木南IC~伊勢原JCTが開通することで、圏央道~伊勢原JCT間のダブルネットワークが形成。特に東名(上り)では経路の選択肢が増加し、東名渋滞時には、新東名経由で圏央道を利用することや、厚木IC利用から厚木南IC利用に転換することで、渋滞を回避できるようになる。また、新東名へ交通が転換することで東名の渋滞緩和が期待される。

なお、厚木南IC~伊勢原JCT間の開通により、新東名の未開通区間は伊勢原JCT~御殿場JCTのみとなる。同区間の開通は2020年度の予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集