トヨタのフルサイズSUV、セコイア に初のTRDプロ…シカゴモーターショー2019

トヨタ・セコイア のTRDプロ(シカゴモーターショー2019)
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ(シカゴモーターショー2019)
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ(シカゴモーターショー2019)
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ(シカゴモーターショー2019)
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ(シカゴモーターショー2019)
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ
  • トヨタ・セコイア のTRDプロ

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019において、『セコイア』(Toyota Sequoia)の「TRDプロ」を初公開した。

トヨタは2014年2月、シカゴモーターショー2014において、「TRDプロ・シリーズ」を発表した。TRDプロ・シリーズは、「TRD」(トヨタ・レーシング・デベロップメント)の名前を冠したオフロードパッケージだ。大型ピックアップトラックの『タンドラ』、中型ピックアップトラックの『タコマ』、SUVの『4ランナー』の3車種に設定された。

シカゴモーターショー2019において、セコイアのTRDプロが初公開された。セコイアは、トヨタブランドのフルサイズSUV。フルサイズピックアップトラックの『タンドラ』と車台を共用する。セコイアにTRDプロが用意されるのは、今回が初となる。

セコイアのTRDプロは、オフロードでの走行性能を引き上げているのが特徴だ。FOX製のダンパーを装着。FOX製の2.5インチのインターナルバイバスショックが、オフロードでの走破性を高める。足元には275/65R18タイヤを履く。

また、フロントグリルは「TOYOTA」のロゴを配した専用デザインとした。LEDヘッドライトとLEDフォグランプも採用する。TRDの18インチブラックBBS鍛造アルミホイールも装備した。アルミ製のランニングボードとルーフラック、アンダーガードも装着されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集