VW ポロ、新グレード「TSI R-ライン」追加 1.5 TSI Evoエンジン日本初採用

VW ポロ TSI R-ライン
  • VW ポロ TSI R-ライン
  • VW ポロ TSI R-ライン
  • VW ポロ TSI R-ライン インテリア
  • VW ポロ TSI R-ライン 専用フロントバンパー
  • VW ポロ TSI R-ライン 1.5リットル TSI Evoエンジン性能曲線図
  • VW ポロ TSI R-ライン 1.5リットル TSI Evoエンジンイメージ
  • VW ポロ TSI R-ライン ドライビングプロファイル機能ボタン
  • VW ポロ TSI R-ライン インテリアイメージ シート:チタンブラック/リーフブルー

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトカー『ポロ』に新エンジン「1.5 TSI Evo」を日本初採用した新グレード「TSI R-Line」を追加し、1月29日より販売を開始した。

新型ポロは昨年の発売以降、MQBモジュール採用によるクラストップレベルの高い居住性や安全性で高評価を得ている。今回、エンジンをパワーアップ、かつスポーティなスタイリングの上級仕様TSI R-ラインを追加導入し、バランスのとれたバリエーションとした。

TSI R-ラインに搭載するのは、日本初採用の新エンジン「1.5TSI Evo」だ。この4気筒ターボガソリンエンジンはEA211型をベースに新開発。気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント「ACT」と効率的なコモンレール直噴技術を採用し、最高出力150ps、最大トルク250Nmを生み出す。トランスミッションは7速DSGを採用し、パワフルな走りを実現する。

エクステリアでは、R-ラインパッケージを日本向けポロに初採用。専用17インチアルミホイールやツインエキゾーストフィニッシャーでドレスアップしたスタイリングに加え、リップスポイラーやリヤスポイラー、ブラックサイドスカートなどスポーティさを強調している。

インテリアはTSIハイライン同様、有償オプションカラーのリーフブルーメタリックまたはエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーに選んだ場合、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディカラーと同色になる。また、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされる。

ボディカラーはエナジェティックオレンジメタリック(有償)、リーフブルーメタリック(有償)、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクトの全4色。価格(税込)は298万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • VW ポロ、エンストのおそれ…オルタネーター用ハーネスに不具合 改善対策実施 画像 VW ポロ、エンストのおそれ…オルタネーター用ハーネスに不具合 改善対策実施
  • ポロ からクルマを所有する生活に入って欲しい…ピストン西沢【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像 ポロ からクルマを所有する生活に入って欲しい…ピストン西沢【日本カーオブザイヤー2018-19】
  • VWの最小SUV『Tクロス』、受注を欧州で開始…1万7975ユーロから 画像 VWの最小SUV『Tクロス』、受注を欧州で開始…1万7975ユーロから
  • スズキ ジムニー 新型、新開発1.5エンジンで燃費追求 2019年1月欧州発売へ 画像 スズキ ジムニー 新型、新開発1.5エンジンで燃費追求 2019年1月欧州発売へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース