アプリリア、125cc本格派モタード『SX125』発売へ

アプリリア SX125
  • アプリリア SX125
  • アプリリア SX125
  • アプリリア SX125
  • アプリリア SX125
  • アプリリア SX125。ブラックアルマイト仕上げのアルミ製テーパードハンドルバーを採用。
  • アプリリア SX125。デジタルメーターには、一般的な機能に加えて、トップスピード、 バッテリー電圧、 ツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーを装備。
  • アプリリア SX125
  • アプリリア SX125

ピアッジオグループジャパンは、125ccエンジンを搭載する本格派モタードモデル、アプリリア『SX125』の受注を1月25日に開始、3月上旬から出荷を開始する。

SX125は、2018年3月に発売したフルサイズの125ccオフロードモデル『RX125』をベースに、舗装路での走りに磨きをかけたモタードバージョン。クラスを超えたスタイルと共に、パワフルなエンジンや本格的な足回りを装備し、ベテランライダーからビギナーまで、気軽にスポーツライディングを楽しむことができる

ユーロ4基準をクリアした水冷単気筒DOHC 4バルブエンジンは、最高出力15ps/10,700rpm、最大トルク 11.3Nm/8,000rpmを発揮。タイヤは前後17インチで、剛性と軽さを兼ね備えたブラックアルマイト仕上げのハブを持つスポークホイールを採用した。

フロントサスペンションには41mm径の倒立フォークを装備し、240mmのホイールトラベルを確保。リアにはトラクションを最適化するスチール製ロングスイングアームを採用し、200mmのホイールトラベルを確保する。ショックアブソーバーはプログレッシブリンクでフレームと連結される。

ブレーキにはハードブレーキング時のリアホイールの浮き上がりを補正する、アンチロールオーバーモードを備えたボッシュ製ABSシステムを採用。フロント300mm、リア200mm のステンレスディスクを装備する。

セルフスターター装備で、シート高は880mm。ボディカラーは 「ブラックドリフト」のみで、価格は41万0400円。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集