ZMP、宅配ロボットサービス事業のパートナー募集開始 10社限定

宅配ロボット CarriRo Deli
  • 宅配ロボット CarriRo Deli
  • 自動宅配ソリューションサービス提供イメージ
  • カラーラインナップ(上段) 荷台形状(下段)
  • 注文から受け取りまでの流れ

ZMPは1月18日、自走式宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」を活用したサービス事業パートナーを1業種1社とし10社限定で募集開始した。

CarriRo Deliは宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら最高速度6km/hで自動走行し、荷物を目的地へ配達。また、遠隔監視や必要に応じて遠隔操作も可能となっている。CarriRo Deliを活用し、ユーザーからの発注、発注情報を受けた店舗・拠点での発送準備、自律移動による配送、ユーザーへの通知、QRコードを使った決済・解錠といったサービス提供が可能となる。

今回の取り組みでは、敷地内での物流省力化やロボット技術による新たな価値創出を目指す事業者を対象に宅配ロボットを使ったサービスシステムを提供する。ZMPはサービスシステムとして、宅配ロボットのハードウェアおよび自動走行ソフトウェア、受発注管理アプリや遠隔監視システム、また予約管理や走行位置管理を行うROBO-HIサービスを含めたパッケージを提供し、パートナーは事業の構築段階から活用することができる。

システムは、自律移動技術を搭載したCarriRo Deli本体、遠隔監視・操作システム、店舗用アプリ、顧客用アプリ、および配送マネジメントシステムで構成され、さらにパートナー側のシステムと連携することも可能。機体のカラーはレッド、シルバー、イエロー、ブルーの4色)、荷台形状はスマートキー付き宅配ボックスを3タイプ(1、4、8ボックス)から用途に応じて選択できる。

価格は、使用するロボットの台数、走行エリア、実証期間、その他実証内容に応じて提示する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集