トヨタ スープラ 新型は欧州製、BMW Z4 と同じ工場で生産へ…マグナが生産を受託

トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナ・インターナショナルのグラーツ工場
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様

マグナ(Magna)は1月15日、子会社のマグナシュタイヤー(Magna Steyr)のオーストリア・グラーツ工場において、新型トヨタ『スープラ』の受託生産を2019年初頭から開始すると発表した。

オーストリアのマグナシュタイヤーは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナの子会社だ。マグナシュタイヤー(旧シュタイアプフ)社は、もともと4WD車の開発や生産に関して豊富なノウハウを持っており、オーストリアのグラーツ工場では、メルセデスベンツ『Gクラス』やBMW『X3』、FCAのジープ『グランドチェロキー』などの受託生産を行ってきた。

マグナシュタイヤーは2001年、BMWグループと生産委託に関する契約を締結し、2003年にX3の受託生産を開始した。2010年からは、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)を、その後、MINI『ペースマン』、2017年からはBMW『5シリーズセダン』を受託生産しており、2018年11月からは新型『Z4』の受託生産も開始している。

新型トヨタ・スープラは、新型BMW Z4とエンジンなどの主要部品を共用する兄弟車の関係にある。そのため、新型スープラは新型Z4と同じく、マグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場において、受託生産が行われることが決定した。

なおマグナは、新型スープラにシート、ボディパネル、ドアラッチ、リアゲートなどの部品を供給する予定、としている。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集