安全で確実な移動のためのライティング、スタンレーが提案…オートモーティブワールド2019

スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)

スタンレー電気は1月16日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2019に、ヘッドランプ内にセンサー搭載を可能にした小型光源ユニットや赤外LEDなど安全で確実な移動のためのライティングソリューションを出展、提案している。

スタンレー電気マーケティングセンターの柴垣由紀チームマネージャーは「ヘッドランプ光源、ディスプレイやメーター類のバックライト、スマートルームミラーなど今後進んでいく自動運転やシェアリングサービスに必要なアプリケーションに役立つ車載デバイスを提案している」と、今回の出展内容を紹介。

このうち小型光源ユニットは「ヘッドランプの光源を小さくして薄型化することで、自動運転に必要となるライダーやレーザーを始めとするセンサー類を搭載できるスペースを確保した」という。

また近紫外LEDと光触媒の組み合わせで、既存のイオン方式の9.8倍の処理能力を持つ消臭用デバイスは「今後カーシェアリングの普及拡大に伴って、車室内の消臭ニーズの高まりに応えるもの」としている。

このほか高効率ハイパワー赤外LEDは、ヘッドランプ用LEDで培った技術を応用することで世界トップレベルの発光効率を実現しており、「ADAS(先進運転支援システム)の普及と共に拡大が予測されるドライバーモニタリングシステム用カメラの補助光源」として、すでにトラックメーカーに採用されている。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【オートモーティブワールド2019】先端自動車技術展、過去最大1120社出展で開幕…セミナー100講演も 画像 【オートモーティブワールド2019】先端自動車技術展、過去最大1120社出展で開幕…セミナー100講演も
  • 全てのクルマに安全を。スタンレー電気が提案する光学技術 画像 全てのクルマに安全を。スタンレー電気が提案する光学技術
  • 三菱マテリアル、車載用高輝度LED向けメタルベース基板「nBoard」を開発…熱抵抗を半減 画像 三菱マテリアル、車載用高輝度LED向けメタルベース基板「nBoard」を開発…熱抵抗を半減
  • トラックドライバー向け「スマートジャケット」、LEDライトとヒーター作動…コンチネンタルが CES 2019 で公開予定 画像 トラックドライバー向け「スマートジャケット」、LEDライトとヒーター作動…コンチネンタルが CES 2019 で公開予定

特集